2006年07月01日

恋のしずく

紅天で本を読みながら一杯やっていると、雨音が聴こえてきた。
ふと本から視線をあげ、横を見ると一番端のイスに女性が腰掛けていた。
真っ黒な長い髪と蝶々のイヤリング、紫陽花色のカーディガンと黒いアコーディオンスカート。
その姿がいかにも雨女風で、彼女がこの雨を連れてきたのではないだろうかと思った。
いつの間に紅天に来たのだろう。全く気付かなかった。
紅天であまり見ない顔だ。
しかし雪子さんとお喋りしている様子からしてどうやら常連のようだ。
聞き耳を立てていたわけではないが、2人の会話が自然と耳に流れてきた。

雪子さん「はいこれ。雨恋きのこオムレツ」
女性「雨乞いですか?」
雪子さん「雨に恋と書いて雨恋ですよ。雨に恋したきのこのオムレツ」
女性「雨に恋した・・・か。そういえば雨降ってきましたね。オムレツ効果かかな」
雪子さん「結構大降りですね」
女性「私の代わりに空が泣いてくれてるのかも」
雪子さん「・・・何かありました?」
女性「(紙袋をがさごそ)見てくださいこれ」
雪子さん「綺麗な薔薇。贈り物ですか?」
女性「ええ。薔薇なんて初めてもらいました。すみません。もしよければグラスか何かにさしといていただけませんか?このままじゃ窮屈だろうし」
雪子さん「いいですよ(奥から一輪ざしを持ってくる)これをくれたのは男性ですか?」
女性「ええ。とっても素敵な人。紅天にも時たま来るんじゃないかな」
雪子さん「あら、誰かしら。こんな小洒落た贈り物する人って。あの下町江戸っ子っぽい人や、いつもマニアな本ばかり読んでる人や、薬にやたら詳しい人や、探偵気取りの人ではなさそうですね」
女性「あながち間違っていないけど、ちょっと違うかな(笑)」
雪子さん「それで、その素敵な方と?」
女性「(オムレツを箸で2つつに割り、中からあふれ出るとろりとしたきのこを見つめる)好きだったんですよ。彼のこと」
雪子さん「・・・」
女性「去年の梅雨時期には、既に恋してて。
何度も試みたんですよ。水あげなかったり。陽に当てなかったり。それでも雑草みたいに根が深いのか、この一年全然枯れなかった。
ほとんど共通点がなかったのに、あるきっかけでメールのやりとりしたり、飲みに行くようになって・・・。年齢なんて全然違うんですけど、不思議と話が合ってね、彼と話してると4時間なんて4分くらいに思えちゃう。これが相対性理論の真髄でしょうか。よくわかりませんが。
彼は私のことどう思ってたかって?さあ。どうでしょう。大人が子供をあやしてるといったとこでしょうか。とにかく懐と情の深い人でした。ふざけてるようでちゃんと考えてくれてる。友達になら笑い飛ばされるようなことでも彼は耳を傾けてくれました。
彼はよくセレンディピティという言葉をつかったけど、彼こそ私のセレンディピティでした。彼を見つけることができた自分にとても感謝してます。そして私に幸福な一年を授けてくれた彼にも。ありがとうって千回でも言いたい。最後まで何も伝えることができなかったなぁ・・・」
  泣いていた。涙がぽろぽろぽろぽろ。
  声をたてて泣いていた。
  彼女の泣き声が雨音に溶けてひとつになった。
  ハンチも蛇子も法華爺もいないひっそりとした紅天に、その音だけが静かに流れていた。

IMGP1268.JPG

posted by pikkumyy at 08:15| Comment(27) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紅茸子さん

こんな走り書き見つけました。

「一年に一度のこの梅雨の季節だけの天からの贈り物があります。その人は傘に当たる雨に掌を当てて、「まるで小人が掌の上で踊っているかのように、妖精たちが宝石をばらまいているかのように、雨粒が雫の精に変身したこと」ほんとうに分るんですねと笑顔をくれました。雨粒と一緒に妖精が降りてきたんです。なんて素敵にな天からの贈り物。だからその日は紫陽花記念日。今年も紫陽花が雨の中で美しく咲きました。私の大好きな花です。もちろん、ちゃんと心でシャッターきりました。」
Posted by 絵はがき坂 at 2006年07月01日 23:16
紅天に休業の札がかかってました。
しばらく皆さんとも会えないのですね。

雨粒を触れて感動したこと、たくさんの素晴らしい本に出あえたこと、この世の不思議、この紅天に訪れみんなに出会わなければ経験するはずもなかったこと。
天がくださった贈り物です。
大切な宝物です。
Posted by 紅茸子 at 2006年07月02日 05:22
紅茸子さん

「しばらく休業」の札見て、びっくりだ、なんかあったのか、茸子さん何か雪子さん達から聞いてない?
Posted by ひょうたんから駒 at 2006年07月02日 06:24
ひょうたんから駒様

もしかしたらみかんの里へ里帰りかしら。
猪吉さんがいればこの前みたく猪吉さんに店任せるはずだから、彼も用事があるということですよね。
突然のことだったから私もびっくり。
Posted by 紅茸子 at 2006年07月03日 13:01
紅茸子さん

二人してどこ行ったんだか。のっぴきならない事情か、みかんの里で温泉でも二人で入ってるんだか、知らないけど「突然」ないよなぁ。何だかなぁ〜だ。例の紫陽花の君が鍵のような気がすんだけどなぁ。どう思う?
Posted by ひょうたんから駒 at 2006年07月03日 22:24
紅茸子さん

しばらく休業だなんて淋しいわ。それにしてもただ休業しますじゃやっぱおかしい。休業でも閉店でもちゃんと理由や挨拶くらいお客に知らせるべきよ。うちの会社の人でこの前、退社した人だって、草加せんべい一枚一枚配ってあるきながら「みなさんのおかげで毎日のようにしでかした失敗の数々も忘れるくらい頑張れましたって」挨拶してたわ。(みんなはその失敗忘れてないけど、まぁしゃないかってなかんじで、そうそれはよかったなんていってあげてたけど)それが普通ですよねぇ茸子さん。でも、ここは紅天かぁ、そっか、忘れてた。
Posted by あんまん at 2006年07月03日 22:35
紅茸子さん

どうしちゃったの?紅天。こんなことなかったのにね。お休みじゃしょうがないんだけど、茸子さんどうする?
Posted by 舞茸 at 2006年07月03日 22:45
ひょうたんから駒様

あの二人が理由も告げずにただ休業通知だけするからには相当急な出来事があったのでは?何か事件のにおいがしませんか?飾り付けられた笹の葉もあんなに綺麗だったのに・・・。七日までに帰らなければあれを燃やすこともできないですね。みんなのお願いを天の川に届けなくてはならないのに。そういうとこきちっとしてたと思うんだけどなあの二人。どうするつもりでしょう。
紫陽花の君が鍵なのかしら。暗くてよくわからなかったけど、雪子さんの目も潤んでた気がします。

あんまん様

女性だったのですね^^;
そうそう、あの二人なら休業前に一パフォーマンスあってもいい気がします。ということはやっぱそんな長い休みじゃないのかしら。通知をを出して夜逃げってこともないだろうし。

舞茸様

どうすればいいのでしょうか?私も困っています。すっかり習慣にしていたことを奪われて変な感じ。それより以前に淋しいし。英語でよくI miss you.というフレーズよく聞きますが、この意味が初めて心からわかりました。
どっか違うとこ探すのも嫌だな。こんな楽しい人たちがそろうとこなんて滅多にないだろうし。
しばらく様子見ます。そのうち雪子さんか猪吉さんから何か連絡あるかも。それか思い切ってみかんの里行ってみようかしら。夏休みがフレックスなんで急だけどいきなり休んじゃおうかな。
Posted by 紅茸子 at 2006年07月04日 07:55
紅茸子さん  それじゃぁ今まで半陰陽だと信じてたんですね。それでかぁ、紅天で茸子さん、私と目があうとじぃ〜っと見てましたもんね。あれ本能っていうか同類見つけたぞっていう目でした。でも大はずれ。こう見えて全陰です(o^o^o)
Posted by あんまん at 2006年07月04日 12:37
紅茸子さんとこ、夏休み何日あるの?
Posted by 舞茸 at 2006年07月04日 12:39
舞茸様

みんな驚くけど二週間だらだら過ごすにはもったいないから何か目的ほしかったとこなんです。舞茸さんのとこは?
今日早速旅行の夏休みの申請してきました。明後日から二週間。こんな急だけどムーミンママのように融通のきくとこなんで大丈夫でした。
雪子さん達を探す旅に出てみます。明後日までに何でもいいから手がかり、足がかりがほしいので、皆さん何か情報ありましたらお知らせください!
Posted by 紅茸子 at 2006年07月05日 03:25
紅茸子さんとこ外資系?二週間なんてうらやましいわ、うちはお盆だけ。旅行!?またまたうらやましい。彼と一緒!?またまたまたうらやましいぃ!!
Posted by 舞茸 at 2006年07月05日 07:57
紅茸子さん

気になるのは紫陽花の君ですよ。
たぶんあの人かなって方、心あたりがあるんです。
とってもきれいでかわいくて「へぇ〜こんな人いるんだ」って印象の人。
それに人間離れしたオーラ発しているんですよ。びしびし感じるんです。
それでもってあの夜から突然「しばらく休業」でしょう。
雪子さんも泣いていたというし。きっと猪吉さんも泣いていたはず。
たぶんあの人、人魚とか七色茸の化身だったんではないかな。
かぐや姫とか人魚姫みたいに、あの夜に自分の世界に戻たんです。
雪子さんと猪吉さんたちは彼女の従者だったんですよきっと。
絶対もう戻ってこないと思います。涙が出ますね。
Posted by フォーレ at 2006年07月05日 22:46
紅茸子さん

あの方ですよね、すごいオーラの。
きれいだったなぁ、茸子さんもとびきりだけど、あの人ちょっと人間離れした美しさがあったですよね。オーラの姫、オラ姫って呼んでたんです。
ああいう方、お目にかかれないですよ、いまどき。
やっぱり、その世界にかえってしまいましたか。
そうでしょうね。そう思います。さびしいですね、やっぱり。
それでみんなオラ姫につれていかれたんですね。
そうでしょうね。そう思います。さびしいですね、やっぱり。
Posted by O・レター at 2006年07月05日 22:50
紅茸子さん

私にも何かいやな暗い予感がしているの。
最近、何か二人思いつめたような感じがしていた。
半年くらい前「このへんが潮時かなぁ」って雪子さんのひとりごと聞いたことあるのよ。最近は陰気なときと陽気な時の差がはげしくって、潮が満ちてきているって予感してた。
私の予感って結構あたるのよ、でもこういう時っていやね。
Posted by 伊良子 at 2006年07月05日 22:54
紅茸子さん

そういうの半陰陽っていうのよ。やっぱり、悩んでたもの、手術にモロッコに行ったんだわ。
Posted by 人妻コメット at 2006年07月05日 22:57
紅茸子さん

あっしにはよくわかりやせんが、天狗男の弟って御仁が来てからでしょう、やけに深刻な話になっちまったのは。拍車をかけたのが法華爺だ。
あやつが雪子さん達に悪さしたにちげぇねぇと踏んでやすがね。それも今となっちゃ詮無いこと。あれやこれや考えてみてもいなくなっちまったもんはいつまでもしがみついていてもしょうがありやせん。生きてるってことはあきらめが肝要なんで、これも縁、それも運命、さよならだけが人生だ。
昔の人はよくいったもんだ。
縁があればまた皆様には会えますでしょう。なければそれまで。
皆の衆、いざお先にごめんなすって!
Posted by 不知火の仁五郎 at 2006年07月05日 23:05
紅茸子さん

茸子さんそう思います?
そうかなぁ、ほんとうにそうなのかなぁ。
雪子さんたちやたらW杯楽しみにしてたんですよ。二人して球けりとか球いじりが根っから好きらしくて。
オーストラリア、クロアチア、ブラジルと日本の対戦国のこといっぱい調べてて。そんでもって、あるとき、カウンターに地図いっぱい広げて二人でここ、あそこと楽しそうに話しているところに店に入っていったことがあるんです。
その時の猪吉さん、あわててたなぁ。ばたばたと地図たたんで「日本勝ってくれますかねぇ」といいながら「カンパリ」つくってくれて「勝利を祈って乾杯!」なんてしゃれにもならないしゃれ言ってた。
雪子さん「私、ベッカムが好きだからやっぱりイングランドがいいなぁ」なんていったら、猪吉さんが笑いながら「そりゃ欲張り」ってウインクです。
こんなとこ見ていいのかなってかんじのウインク。あの猪吉さんがですよ。ね、ね、気持ち悪いって?んぅんそういうの通り越して子供が悪戯したときの感じっていったほうがいいのかな。
でも二人とも何かをとても楽しみにしてて、それを隠しょうがないって感じだったんだなぁ。

Posted by 隠れキリシタン at 2006年07月05日 23:17
紅茸子さん

役立つ話かどうかわかんないんですけど、2〜3ヶ月前だったかしら、本の話題で盛り上がって「雪子さん、もっといっぱいいっぱい本置いてよ」って誰かが言ったんです。そしたら
「いっそのことこの店たたんで、図書館にしちゃおうかぁ」って雪子さん。
「それ妙案」って猪吉さん。それが真顔だったの。何かひっかかかって。
Posted by 岸夕子 at 2006年07月05日 23:21
紅茸子さん、あの二人、新婚旅行にでかけたんじゃないでしょうか。
Posted by 本の虫 at 2006年07月05日 23:24
じゃぁそれって結婚したってこと?
Posted by あんまん at 2006年07月05日 23:25
紅茸子さん

東京は今日も雨です。
わかっていましたが、今日も紅天に足を伸ばしてみました。
やっぱり「しばらく休業」の張り紙。

紅天入り口横に紫陽花。雨にしっぽりと濡れて一段と艶やか。
だれかさんの話じゃないけどほんと、紫陽花には雨がよく似合います。
ひとり香りを聞きたくて顔を花弁に近づけてみました。

「ぎゃぁ〜!」です。
なんと、そこに見たこともない巨大なナニ。
で、で、でかすぎる。でもくにゃくにゃ、これが噂のがいじんのナニ?

恐怖と好奇心で、よくよく眺めて見てみればそれはなんとナメクジ。
でもこんなどでかいもの見たことない。2〜30cmはある。それも一匹じゃないんです。なぜか、その回りにはきのこが食い散らかされた跡。

怖くてあとづさりしたら、後ろに立っていた老婆とぶつかってしまいました。
そしたら突然その老婆、持っていた棒でごん、ごん、ごん。
ナメクジ達はびちゃっ、びちゃっ、びちゃっと飛び散ってしまいました。
あまりに恐ろしい光景に振り向きもせず一目散に帰ってきました。

ひとりになって思ったんです。
ひょっとして、雪子さんたち、こいつらにやられたんじゃないのか。
そんな不安と恐怖が襲ってきて震えが止まらないんです。
心静めて、調べてみたら、こいつら↓に似ている。
こいつら茸を食べて大きくなるらしい。
人に言っても誰にも信じてもらえないだろうなぁ。
茸子さん、やっぱりこれ夢だったんでしょうか?

http://guide-eye.jp/daisenyamanamekuji.htm
http://www.sairosha.com/sasaganaru/ikimono/kai/namekuji.htm
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/1237/kiroku/yamanamekuji.html
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark/2102/yamanamekuji/yamanamekuji.htm
http://mirabeau.cool.ne.jp/shiohigari/namekuji.html
http://hitokura.jp/theme/ti1059043097.html
Posted by 絵はがき坂 at 2006年07月05日 23:38
舞茸様

とりあえず一人旅。
Posted by 紅茸子 at 2006年07月05日 23:50
紅茸子さん

今日、北朝鮮がテポドン6発も日本に向けて打ちこんできたでしょう。間違いなく、紅天休業事件と関係ありですな。法華爺の動きが怪しいと前々から言ってきたでしょう。幻のきのこ。それに絵はがき坂さんが見たという巨大ナメクジ。こいつはアングラの世界では幻の宝石といわれるほどの珍重品。なにせ持続力があのバイアグラの10倍、それに膨張率、強度とも2倍に達すると言う秘薬中の秘薬のもとなのです。これを使った男性に打ちこまれた女性はもうテポドン打ちこまれた日本海みたいなもので潮であふれるらしいですわ。これは余談。(閑話休題)
問題はこいつが紅天の近くにいたということ。何か事件か事故があの店でおこったんです。巨大ナメクジはその時、逃げ出して雨に濡れた紫陽花にひそんでおった。
老婆はきっとあの店近くを張り込んでいた公安ですな。
要は北が動きだしたってことです。作戦が実行に移されたとなると、悲しいかな紅天はもう開くことはないでしょうな。淋しい、寂しい、さびしいかぎりです。
Posted by 秘薬調剤薬房 at 2006年07月06日 00:02
紅茸子さん

混迷してきましたな、一人旅に出られるご様子ですがこりゃひとつじっくり謎を解き明かしてくだされ。ここまで謎だらけじゃ私も一肌脱がにゃなりますまい。そう思っとります。
Posted by 湖南 at 2006年07月06日 00:06
紅茸子さん、あの二人逃避行ですよ。何からって?さぁこの世からでしょうか。
Posted by 考古堂 at 2006年07月06日 07:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。