2006年06月10日

鯛家

雪子さんの体調はまだ回復しておらず、猪吉さんが一人忙しそうにカウンター内を動き回っていた。
私は今日も天狗男さんの弟のとなりにすわることになった。
男はサンザシ酒をちびちび飲んでいた。この男はちびちびとしか酒を飲まないらしい。
22時の茸子さんが現れてから気持ちが落ち着かなくて、今日は紅天ですっきりしようと思っていた。しかしこの男がいるとどうも落ち着かない。

男「茸子さんはあのマロングラッセ食べた?」
私「いただきましたよ」
男「どうだった?森の幸福は?」
私「・・・なんでそんなこと」
男「ふふ。まるで本当に、あの本から取り出してきたような味だったね」
私「・・・」
男「あれは何年もののマロングラッセかな?」
私「うーん、雪子さんはそんな前から栗を漬け込んでたわけじゃないと思う。だってあの本が出版されたのが2000年入ってからだし、せいぜい1,2年じゃないかしら」
男「そうかな。もっと深いと思わなかった?森の幸福を2,3年で作れるのかな」
  マロングラッセのことはよくわからないけど、梅酒などを考える確かにあの味は10年ものに近いような・・・。1,2年じゃ出ない味だ。
私「でもやっぱ採算合わないし、1,2年よ」
男「ふふ。茸子さん、あなたもうここに半年通ってるんだろ。わからないかな。常識が通じる場所じゃないって。次元が違うんだ」
蛇々丸「じゃあ四次元ポケットちょうだいよ」
男「法華爺、いつのまに来てたんだ?」
   法華爺って呼んだ!
蛇々丸「蛇ママが今日は一人で行けって。ハンチと秘密会議があるんだって」
男「それでお前が邪魔だったのか」
蛇々丸「きゅいきゅい」
   なんで蛇々丸はハンチのことパパと呼ばないんだろう。やっぱり蛇子はマリア様だったのかな。
   確かに常識通じるとこじゃないな。半魚人の子供がうろちょろしてるの見ると。
   蛇々丸はきゅいきゅい言いながら端っこの席へ行ってしまった。
男「(パイナップルジュースを飲んでる蛇々丸を見ながら)四次元ポケットは無理だけど、七色のきのこも同じくらいすごいものだったんだ」
   四次元ポケットと同等!?そんなすごいものを気前よく柏餅に入れたなんて。
男「茸子さん、あのマロングラッセはね、ほんの2,30分のたまものだよ」
私「え?」
男「1日すら経ってない。それでもあの味は本物の森の幸福」
私「そんなまさかあれは2,30分の味じゃないわよ。そんなのスーパーで売ってるモンブランのマロングラッセより即席じゃない。あんなものより千倍奥深い味だったわ」
男「あるものの魔法のひとふりで、彼女は本物と同じ偽者を作り出せる」
   そういえば私たちが紅天で食べているもののほとんどは紅天オリジナルではないんだ。
   あるものってなんだろう。それを使えば22時の茸子さんも作れるのかな。

<今日の食事>
ゑびす 鯛家より
●元祖ポテトサラダ
IMGP1238.JPG
●カニとチーズの春巻き
IMGP1237.JPG
●きのこ巻き
IMGP1243.JPG
●海鮮シチューコロッケ
●牛ポン酢たたき
IMGP1242.JPG
●グレープフルーツサワー
●レモンサワー
●ライムサワー
●赤ワイングラス

<今日の本>
「受難」姫野カオルコ



posted by pikkumyy at 18:41| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
蛇々丸こと法華爺に関連しているかはわかりませんが、気になる事柄を発見しました。
皆様ネオテニーという言葉をご存知ですか?「幼体のまま成熟した者」という意味だそうです。それが生物の進化の鍵だという学説もあるそうです。
法華爺も見た目はあんな子供ですが、生まれながらに持っている知識はかなりのものです。もしかして法華爺はネオテニー!?進化の鍵!?
Posted by 紅茸子 at 2006年06月10日 19:04
紅茸子

ネオテニーをハング隠語辞典で調べてみました。
難しく言うと「性的に完全に成熟した個体でありながら非生殖器官に未成熟な、つまり幼生や幼体の性質が残る現象のこと。」簡単に言うと「あそこは大人、頭はこども。」一般に「歩く生殖器。」とありました。

茸子さん法華爺に近寄るのは危ない!!
Posted by 考古堂 at 2006年06月10日 21:24
紅茸子さん

天狗男さんの弟が飲んでいるさんざしは日本では医療機間で、「強心剤クラテグスエキス」の成分に使っているものなんです。これは私の勘ですが、彼も心の臓に爆弾抱えているんじゃないでしょうか。
Posted by 秘薬調剤薬房 at 2006年06月11日 10:26
紅茸子さん、考古堂さん

ねぇねぇ、茸子さん、そのネオテニ−ってあっちは達者で頭はそればっかってこと?そういうことなのぉ?それってすっごくステキ。
Posted by 人妻コメット at 2006年06月11日 10:33
紅茸子さん

茸子さんに近づいて手を出そうなんて「20年、はえぇってんだよ」。
茸子さん、最近のがきは、あっちだけは先走っからよ、気をつけろ。おいらがしっかり守ってやっからな、なんかされそうになったら声張り上げてくれよ。
Posted by ひょうたんから駒 at 2006年06月11日 10:41
考古堂様

ネオテニーってそんな意味もあるんですか?しかし生後一ヶ月も経ってない法華爺がそんなー。それに法華爺は「見た目は子供、頭は大人」だと思うんですが・・・。
でも法華爺以外の紅天常連はどこもかしこも大人なんだから、法華爺に気をつけるなら考古堂さん含め全男性に気をつけなければならないじゃないですかあ!舞茸さん、夕子さん達もきをつけましょうね!
コメットさんは例外として。
Posted by 紅茸子 at 2006年06月11日 13:58
秘薬調剤薬房様

天狗男さんの弟も心臓に病を!?いやーでもさんざし酒を飲んでいたからと言ってそんな短絡的に考えてよいものでしょうか?しかも彼が心臓に病を抱えてたからと言って私に湧き上がってくる感情は、実際のところ特にないんですよね。新参者すぎるためか、はたまた私が薄情なだけか。
いまいち愛着がわかない人ですよね。名前も知らないし。

人妻コメット様

たまには年下の彼とラブ・アフェアーなんかもいいんじゃないですか?半魚人の法華爺を調教できるのはコメットさんしかいませんよ。任せました。

ひょうたんから駒様

言ったからには守ってくださいよ。
Posted by 紅茸子 at 2006年06月11日 14:05
紅茸子さん

確かに我々は彼のことを何も知らない。名前も知らない「名無しの権兵」だ。
Posted by 秘薬調剤薬房 at 2006年06月11日 22:52
紅茸子さん

なんか、私だけ仲間はずれにしようとしてなぁい。私だけ注意しなくてもいいとかさぁ。年下任せたとか。靴下じゃないんだから、年下も年上も年中も関係ないのよ。大切なのはコ・コ・ロよ、コ・コ・ロ。
Posted by 人妻コメット at 2006年06月11日 23:03
今日は日本戦のため紅天9時半で閉店ですって。今まで何があっても深夜までやっていたのに。これは憶測ですが、猪吉さんそろそろひとりでお店きり盛りするのに疲れたんじゃないでしょうか。やっぱ茸子さんまだ調子悪いみたいです。ほんと心配です。
Posted by 紅茸子 at 2006年06月12日 20:49
紅茸子さん

日本丸完全タイタニック状態でがっくり。猪吉さんもWでがっくりだったでしょうね。
Posted by 絵はがき坂 at 2006年06月13日 22:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。