2006年05月20日

嵐の昼下がりに

予定日より2日早く蛇子が出産した。
立ち会ったハンチと雪子さんの話によると、それは玉のような卵で、しかも美しいとかかわいいとかそういう意味の玉ではなく、大砲の弾のような卵だそうだ。
真っ黒で艶々光る大きな卵。
蛇子はあの無表情のまま卵を産み、陣痛もさしてなかったようだ。
卵を産み落とすとすぐ立ち上がり、納戸でごそごそしていた。
部屋に戻ると納戸から持ってきた白いペンキで黒い卵をもくもくと塗りつぶし、その作業に30分ほど没頭していた。
卵を完全に白く塗り終えるとそれを乾かすためにドライヤーをあて、雪子さんは「そんなことするとポーチドエッグになっちゃうわよ」と注意したそうだが、完璧に乾くまで1時間もそうしていた。
その後押入れから硯、筆、墨汁、和紙を取り出して何かを書き出した。
見事な筆さばきに雪子さんは感嘆し、拍手をしようとしたその時、目の前にその紙を突きつけられた。
あまりにも目前過ぎて何が書いてあるのかわからず、頭を少し後ろにずらしただけでもやはりはっきりせず、さりとて蛇子はその腕を動かそうともしないので雪子さんは自ら立って後ずさりしなくてはならなかった。
そこには「蛇々丸」と達筆で書かれていた。
「ヘビヘビマル?」
「ジャジャマル」
「こいつの名か?」
「ソウ」
「なぜ男だとわかるの?」
その問いに蛇子は答えなかった。
かくして卵の中の蛇子とハンチの子は「蛇々丸」と命名された。

<今日の料理>
●サラミサラダ
IMGP1142.JPG
●ルッコラのピザ
IMGP1141.JPG
●赤ワイン
●梅サワー

<今日の本>
「アンテナ」田口ランディ

posted by pikkumyy at 21:20| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ついに産まれました。卵。孵るのが楽しみですね。いったいどんな子が出てくるのでしょか。一応ハーフなのかな。ドキドキですね。

ひょうたんから駒様

心配していただきありがとうございます。しかしひょう駒さん私の事かいかぶりすぎですよ。女神なんて言われたの初めてで恥ずかしい。ミスぶなしめじくらいで十分です。
それにしてもひょう駒さん、深く考えたものです。私が処女で身ごもったと考えるより、蛇子こそ実はハンチとは仮面夫婦、もしくはなんらかの事情により処女で身ごもったと考える方が自然な気がします。
しかもイルマルタルなんて私さっぱりわかりません。おそらく雪子さんと蛇子が何か知ってるはず。あの2人、お互いよそよそしくしてるけど、わけありな感じしませんか?
実は雪子さんはハンチよりも蛇子との方が関わりが深いのかも。私はそんな気がします。
Posted by 紅茸子 at 2006年05月20日 21:39
ちなみになめ子の下に現れたのが蛇子の卵です。
Posted by 紅茸子 at 2006年05月20日 22:14
ええっうそぉ〜、卵!?
それじゃまるでお化けじゃないですか、信じられない。
Posted by 舞茸 at 2006年05月21日 15:21
舞茸様

お化けって???
Posted by 紅茸子 at 2006年05月21日 15:31
紅茸子さん

私、今の今まで蛇子って人間だと思ってたの、卵を産むんじゃ、それって本当の蛇ってこと?
蛇が人間の姿で紅天でお酒飲んでたってこと?それってやっぱりお化けってことじゃないの?
Posted by 舞茸 at 2006年05月21日 15:39
紅茸子さん

私も舞茸さんとおんなじに思ってました、蛇子、蛇だったんですか?そうするとハンチも蛇ですか?(人間と蛇の交配で卵ってことはないでしょうから)ひょっとして紅天は蛇屋敷だったんですか???
Posted by O・レター at 2006年05月21日 16:05
紅茸子さん

卵?あっしには信じられません、ほんとならまた蛇尾一族に新たな悲劇が産まれたってことに思えてならねぇんですが?親御さん、初孫楽しみしていなさったでしょうに。それが卵で産まれて来たんじゃぁ、卒倒なさっても不思議じゃござんせんねぇ。
それとも、なんですか、蛇尾一族ってぇのが蛇一族なんでしょうかね?舞茸さんやO・レターさんが言ってなさることは事実なんですかね?
Posted by 不知火の仁五郎 at 2006年05月21日 16:17
紅茸子さん

今回のことで思い出したことがあるんです。つい先・もこの人と雪子さん、猪吉さんが何造ら打孫わせっ造い話しをしているの見ました。ひょっとして紅天のオーナーってこの人かもしれません。い造、い造、これも想像ですけどね、でもそうだとすると辻褄が妙にぴったりあったりするんですよ。ひょっとしてひょっとして天狗男さんてこの人だったり…。

http://dir.yahoo.co.jp/talent/3/m99-0070.html

Posted by 続はがき坂 at 2006年05月21日 18:28
舞茸様 不知火の仁五郎様 O・レター様

私はずっと爬虫類だと思ってましたよ。まさか皆さんから蛇子産卵でこんな反響があるとは想像しませんでした。だってだって蛇子の顔ご存知でしょ?あれはどうみたって半蛇の顔。般若じゃありませんよ。舌だって割れてるじゃないですか。卵産んだって不思議じゃないですよ。それともあんな風に見えてるのは私だけなのでしょうか?
確かに私は前から周囲と自分が見ているものとの見解がずれることが多く、もしかして自分が見てるものと他人が見てるものとは異なって見えているのではないかと感じることが多かったです。
皆さんには蛇子が普通の人間に見えているのでしょうか?

絵はがき坂様

楳図かずおがオーナーだったらますます紅天に通ってしまいますよ私!このことは内密に内密に。でないと紅天が楳図ファンの溜まり場にされかねません。
Posted by 紅茸子 at 2006年05月21日 21:26
紅茸子さん

言葉しゃべって酒飲んでたあの蛇子が爬虫類!?
人間にしか見えなかったぁ。爬虫類みたいな顔ってどこにもいるじゃん。
Posted by 人妻コメット at 2006年05月21日 22:03
紅茸子さん

あの時、あの祭で茸寺の和尚の薬飲んでから、茸子さん我々の目には見えなくなったり、見えないものが見えるようになってしまったんですな。私の研究でもそのような、秘薬の存在があるということだけは知っとたんです。きっと茸子さんには魔界や魔人が見えるんですよね。私達には蛇子も他の人も人間にしか見えませんが。以前湖南さんが報告してくれたように、自殺未遂(毒薬)の後遺症で蛇子は言語障害、視力障害と舌割れが残ったと。たしかハンチも後遺症でつるつる頭とつるつる顔になったために、ああしてハンチングとサングラスをいつもしていると聞いてましたからね。
その秘薬が幻の幻覚茸をもとに作られてると古書には書いてありますから、はたしてほんものの魔界を覗き見ているのか、幻覚なのかこれから研究を進めていく興味が増してきましたぞ。茸子さんには悪いが、貴重な臨床実験・人体実験の生き神様だ、いろいろ調べさせてくださいよ。
それにしても、です。舞茸さんじゃないが「もしも、もしも本当に蛇や魔界人がうじゃうじゃいて、それが見えたなら」「オッカナビックリ処紅天」となって、涼しい顔で酒も飲んでられませんな、きっとみんな冷え冷えまっ青な顔で酒飲むんでしょうな。
Posted by 秘薬調剤薬房 at 2006年05月21日 22:37
紅茸子さん

おいらにも蛇子たちは人間にしかみえねぇな。薬房さんのご高説じゃ茸子さん、おいらたちにみえねぇもんが見えてるのかい?だからあんなきれいな目ン玉してんのか?やっぱ、ちがうんだよな普通の女と違う、きれいすぎるよその目ン玉。でも、そんな目で見られたらおいら恥ずかしくなっちまう、なんでもお見通しの千里眼ってことはおいらのパンツん中まで見えちまうってことだもんな。実際どこまで見えてんだ?
Posted by ひょうたんから駒 at 2006年05月21日 22:46
私にもちょっと変な顔の女の人にしか見えませんけど。
Posted by パイナップルマン at 2006年05月21日 22:51
紅茸子さん

茸子さんには蛇子さんが蛇に見えるんですね。もしそうなら蛇子さんは不気味で怖いけど、茸子さんも少し魔女的で怖いわ。私にも事故でああなった不幸な人としか見えなかったんですもの。
Posted by 伊良子 at 2006年05月21日 22:57
紅茸子さん

私も人間だって頭っから信じてました。だってあの舌は事故って聞いてたし、でも(薬房さんのおっしゃられることがあたってたら…)、ほんとうはどっちなんでしょう。あの世や魔界みたいなこと絶対ないって言えない人なんです私。でもでも今度、紅天で蛇子さんに会ったらどういうアクションとったらいいのかしら?困ってしまいそう。「あなたはほんとうは蛇ですか?」なんて聞いて「はい」って答えられたら本音でもう気味が悪くて紅天には行けなくなっちゃうし、人間ならほんと、やってはいけないことをすることになってしまいますもの。
Posted by 岸夕子 at 2006年05月21日 23:09
私は紅天の常連になってすぐ、ここは人外魔境なんでもありのところだと思ったのですが、皆違うのですか?
だって不思議なこと多いじゃないですか。蛇子が半人半蛇だって全然驚きませんでしたよ。もしかしたら皆さんだって他の人にはそう思われてるかもしれません。
Posted by 紅茸子 at 2006年05月22日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。