2006年05月18日

福はうちV

紅天のスツールに座ってほっと一息。朝は寝坊、昼は仕事が終わらず胃袋はすっからかん。早く雪子さんの料理をいただきたかった。

猪吉さん「今日は少々遅いご登場ですね」
私「ええちょっと色々ありまして・・・」
猪吉さん「ちょっと色々ですか(微笑む)」
  そっと出してくれたのはブラッディーメアリー。
  空きっ腹にアルコールはきついけど、
  こういうしょっぱい味がするお酒だったことが救い。
  あー美味しい!さすが猪吉さんわかってらっしゃる。雪子さんから出さ  れたサーモンの炙り焼きモッツァレラチーズサラダもとーっても美味し  い。まさに生き返った心地。
  モッツァレラチーズをしみじみ味わっていると、扉がすごい勢いで開い  た。私が歩いてきた時は小雨だったのに、今は暴風雨になっているのだ  ろうか。強い風が店内に吹き込んできて、あやうくチーズが箸から飛ば  されるとこだった。なぜか雷が轟き、夏の嵐のような匂いがした。
  
  入り口に立っているのは若い男だった。
  全身雨でぐっしょり濡れ、唇の色に生気がなかった。
  雪子さんも猪吉さんもよほど驚いたのか、しばらく呆然としていた。
猪吉さん「いらっしゃいませ」
雪子さん「・・・いらしゃいませ。どうぞお座りください」
  それでも男は入り口に突っ立ったままだった。
  とにかく早くドアを閉めてほしい。
男「イ・・・・」
  ぼそりと言葉を発したが全く聞き取れない。
雪子さん「あの・・・、なんでしょう?」
男「イルマルタル・・・」
  小さな声だったが今度ははっきり聞き取れた。
  そして男はその場に倒れた。猪吉さんが慌てて男に駆け寄った。
猪吉さん「大丈夫ですかお客さん!?お客さん、お客さん、大丈夫です  
  か!?」
ハンチ「おいおいおいおいおい、なんだってんだよ。
    姉ちゃん救急車!早く救急車呼べって!」
  私もハンチと同じ事を言おうとした。
  しかし雪子さんが真っ青な顔で口元に手をやり震えているのを見ると彼  女も倒れてしまいそうで言葉が出なかった。
  私は咄嗟の判断で店の電話を借り、119番を押した。
  
その後無事救急車が到着し、男は病院に運ばれた。誰か付き添いを、と言われると雪子さんはこう言った。
「この人は私たちとは何の関係も無い人です。この扉を開けたとたん倒れたんです。初めてのお客さんだから彼については何も知りません」
付き添っても役に立てないから早く病院に連れてってほしいと、半分追い返すような感じで救命士に頭を下げていた。なんか様子がおかしい。

  みんな店内に戻ると、客の一人がつぶやいた。
客A「イルマルタルってなんだろう」
   そう。あの男は確かにイルマルタルと言った。
  しばらく沈黙が続いた。それを破ったのは猪吉さんだった。
猪吉さん「大気の娘、処女イルマルタル。大海原に降り立ち、大きな風に身   ごもって、七百年もの間身ごもったままだった・・・」
  雪子さんは今にももどしてしまうのではないかというくらいきつく、
  両手で口を押さえていた。
  その様子を蛇子がぎらぎらした目で見つめている。
  大気の娘イルマルタル。雪子さんはこの言葉に怯えているのだろうか。
  蛇子のあの目つきそしてあの男。いったいどういうこと?
                     
<今日のごはん>
恵比寿 福はうちより
●サーモンのあぶり焼きモッツァレラチーズサラダ
●半熟玉子のピリ辛豚キムチ炒飯
●赤ワインデキャンタ(カベルネシラーズ)
●ブラッディメアリー

<今日の本>
「贅沢貧乏のマリア」群ようこ   



posted by pikkumyy at 21:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紅茸子さん

いやはや、こう毎日毎日、事件があるのも不思議な紅天だからでやんすかね。
それにしても、なにもなくてよかった、蛇子さん気をつけてもらわないと、本当に。びっくりして産気づいたら困りもんだ。
それはそうと、四国におられる親御さん、喜んでおられるでしょうなぁ。確か、蛇尾神社の宮司さんでらっしゃりましたな。絵はがき坂さんがおっしゃれるように、いろんな不幸が重なっても、こうして生きてきた二人だ。幸せになってもらわないと、あっしら夢見ごちが悪くていけねぇ。卵で産まれてくるだぁなんて悪い冗談は別にしても、玉子のようなぴっかぴかの赤ちゃんが五体満足でおぎゃぁと産まれてきて欲しいもんですなぁ、茸子さんそう思いやせんか?
蛇尾神社までは行かれねぇが浅草の観音様や水天宮さんにお参りに行きやたよ。あっしにはそれくれぇしかできねぇんで、まぁ今日のところはほんと、無事でよござんした。

Posted by 不知火の仁五郎 at 2006年05月18日 22:06
紅茸子さん

蛇子さんは無事でよかったが、雪子さん無事でないみたいですね、どうなっているんだか。
せっかく血の繋がった甥っ子か姪っ子ができようってこの時に、なんか胸騒ぎがします。
茸子さんそばに居たわけだから、なんか感じてませんか?感じたこと素直に教えてください。我々でできることがあれば助けてあげましょうよ。
今は蛇子さんはもちろん、雪子さん一家の一大事だ。まずは赤ちゃんを安心して産んで育てられるようにしないと。
不幸がまた増えたんじゃ…。(失言でした、おめでたい時に、失礼しました)
とにかく紅天仲間で守りましょう。
Posted by O・レター at 2006年05月18日 22:16
紅茸子さん「要る丸樽」ってその男は言ったんじゃないでしょうか?
Posted by あんまん at 2006年05月18日 22:31
紅茸子さん、ちょっと気になることがあるんだ。その男、誰か探しに来た気がする。そして、ほら、たしか処女イルマルタルって猪吉さんいったんだよな?だから尋ね人は雪子さんのことじゃねぇんだよ。あの店で処女っていったら。茸子さん、あんたしかいねぇ。何か隠してねぇか?茸子さん。
Posted by ひょう駒 at 2006年05月19日 15:49
不知火の仁五郎様

雪子さんはあの男を知っていたのだと思います。私は紅天に行くときはいつも雪子さんの表情を観察してます。雪子さんは彼は初めての客だと言っていたけど、絶対既知の人です。彼女の表情からそう感じました。

O・レター様

もちろんです。蛇子とハンチのことはよくわからないけど、れっきとした紅天の仲間です。むしろ欠かせない人達。二人の子は何がなんでも守ります。紅天の宝です。

あんまん様

確かにカタカナで「イルマルタル」じゃ何が何だかわかりません。もしかしたら「入間にいる樽」と言ったのかもしれない。記憶はその都度作り変えられます。今となってはよくわかりません・・・。

ひょうたんから駒様

私も彼は誰かを探しにきたと思いました。そして「イルマルタル」がその人物をさしているのではないかと。しかしなんで私が処女なんですか?納得いきません。何を根拠に?雪子さんが何故処女ではないと?マリア様だって処女でキリストを産んだんですよ。猪吉さんが実は男装した女性という可能性もあるじゃないですか!私は何も隠し立てするようなことありません。
Posted by 紅茸子 at 2006年05月19日 22:17
紅茸子さん


おいらの仮説はこうだ。
・「彼は誰かを探しにきた。」
・「そして「イルマルタル」がその人物をさしているのではないか。」
ここまでは同じだよね。
そこで、次のキーワードは猪吉さんの言葉だ。
@大気の娘、処女イルマルタル。
A大海原に降り立ち、大きな風に身ごもって、
B七百年もの間身ごもったままだった。
着目点は
@の大気の娘、処女イルマルタル。
・「店にいた誰かに違いない」これも仮説だ。
男:猪吉さん、ハンチ、客A
女:雪子さん、蛇子、茸子さん
確かに、猪吉さんやハンチ、客Aが実は男装した女性という想像もできるが、ここは素直に男と考えたいよね。
じゃぁ、対象は残り3人だ。
雪子さん:
かつて結婚していたと言う湖南さんの報告もあった。大学時代はかなり浮名を流したらしいとも。今は猪吉さんもそばにいる。雪子さんは対象から外すのが普通だ。
蛇子:
ハンチと結婚して、今身篭っていて、蛇子がマリア様・?。考えろってほうが無理だ。現実的にさようなら。
じゃあ、残りは誰だ!?そう、茸子さんしかいない。
茸子さん:
おいら達にとっては女神様みたいな人だ。指一本、髪一本も触れたことねぇし、話もしたことねぇが、その清楚な雰囲気、可憐な美しさ、そして優しさは人・みじゃねぇ。これは紅天のみんなが感じていることだ。年もいくつかわかんねぇが、いやたとえ120の婆ぁあでもあこがれの永遠の処女ってもんだ。処女かどうかじゃぁなくて、それは処女みたいな人って考えたわけよ。だって指一本も触れたことない茸子さんが処女かなんてどうやって確かめられる?(今度こっそり教えてくれ(笑))

さて、彼がその茸子さんを探しに来ていたとしたら…次のキーワードが問題だ。
A大海原に降り立ち、大きな風に身ごもって
身篭りが流行ってけど、茸子さんが言っている「マリア様だって処女でキリストを産んだ」とこがおいらも考えたとこだ。最近ダビンチコードで、そりゃないだろうって説が出ているけど、膣外受精だって技術も現代にはある。現代にできることが二千年前にできたって不思議じゃねぇんだ。だいたい、古代にもっと凄い文明があったっていう有力な学者の報告もある。シュリーマンと同じで、伝説には事実があったという説をおいらはとりたいね。
長くなったが、だから…ひょっとしたら
「茸子さんが処女のまま身ごもっている」
そんなこと思ったって訳だ。だから何か隠してないかって聞いたんだけど…
全然違ってたらごめんな。

さて、最後のキーワード。
B七百年もの間身ごもったままだった。
ただ、おいらは身ごもったってことを子供を身ごもったという意味じゃないと考えている。
それは何か、腹んなかに「大きな悩み」を抱えたんではないかということだ。みんなの悩みを一人で抱えるようなさ。七百年なんて大げさな表現だから数字は割り引いて、一生死ぬまで抱えるような「大きな悩み」ということだと考えた。
紅天と茸子さんは不思議な因縁というか表と裏。茸子さんや我々が雪子さんたちを守ろうなんてO・レターさんなんかも言ってくれてるけど、雪子さんも我々、今は茸子さんを守ろうとしてんじゃないかと。

これがおいらの仮説だ。
茸子さん、やっぱ、ちがってたかな?

Posted by ひょうたんから駒 at 2006年05月20日 15:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17992060

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。