2006年05月10日

異こく屋

紅茸子様

七色のきのこが、既に彼女の手に渡っていたとは思いもよりませんでした。
彼女はあれをどうやって手に入れたのでしょう。彼女にそんな支払能力があるとは考えられません。とても不思議です。
そしてあの使い道も甚だ疑問です。あれは彼女こそ使うべきもの。なぜ柏餅なんかにしこんで、他人の手に渡るようにしたのか全くの謎です。
今紅茸天狗はハンチ、蛇子の話題でおめでたい雰囲気ですが、私はそれを祝う気にはなれません。むしろ腹立たしい。こんなことを言ってはよくないとわかっています。
しかし私が彼女のためにどんな思いで世界中駆け回っていたか。半ば血を吐きながらきのこを探していたか。彼女は知っているはずなのにあえて踏みにじった。そうとしか思えません。
蛇子が子供を授かることができたのは、確実にあのきのこのによるものです。それ以外に半蛇人間が普通(ではないかもしれませんが)の人間の子供を身篭るなんてあり得ません。そうです。七色のきのこは不可能を可能にするきのこ。そしてあのきのこはこの世界に残っている最後の一つでした。
近年ラップランドの永久凍土の地中からこのような内容が書かれた古文書が発見されました。その伝説はエジプト文明より古く、まだこの世が様々な世界と繋がっていた時代に遡ります。
「ポホヨラの釜で焼かれし茸の燃え殻、天上へと立ち昇り狐火の国へと吸収されけり。
狐火の国からの使者、地上へ降りたちし時、狐火に染められしかの茸をポホヨラの女王に献上したり。
使者曰く、この茸ある限りポホヨラ常しえに繁栄し、その女王に栄耀栄華、不老不死もたらさむ。しかしこれ失いし時、地上のあらゆる厄災がこの国に流れ込み、永遠の闇が訪れむ」
ポホヨラとはフィンランドの叙事詩「カレワラ」に登場する国の一つと同じ名前です。
この国はサンポという富をもたらす呪具を失い貧困に陥ります。そしてこの国の最高権力者がロウヒという腹黒い女です。
「カレワラ」はただの叙事詩として世間に知られていましたが、この古文書が発見されてから実話だったという説が浮上しています。そして使者が献上した茸こそサンポだっのではないかというのです。
その後様々な研究が短期間でなされたのですが、世界各地に七色茸の伝説があることがわかりました。それらの伝説によるとそれを所有していた国は間違いなくポホヨラと同じ運命をたどっています。つまり最終的には貧しさのため滅亡する。
そんな危険な茸をなぜ雪子さんに?と思うかも知れませんが、うまい使い方があるのです。彼女はどうやらその使い方まで知っているようです。
ちなみにあの七色の茸、皆さん虹と関係があると思ってるようですが、実は虹ではなくオーロラです。フィンランド語でオーロラは「revomtuli(レヴォントゥリ)」狐の火という意味です。

天狗男
<今日の料理>
池袋 まかふしぎDINING異こく屋より
●アボカドとお豆腐の味噌グラタン
●豆腐よう
●パリパリラーメン大根サラダ
IMGP1208.JPG
●木の子とチーズのオムレツ バジルソース
IMGP1206.JPG
●サイコロとんかつ
IMGP1207.JPG
●いけぶくろうワイン
●普通の赤ワイングラス
●レモンサワー
<今日の本>
「パレード」川上弘美
posted by pikkumyy at 21:28| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
O・レター様

1億あったらですか。う〜ん。どうしようかしら。紅天仲間と世界のキノコ食べ尽くしツアー!なんて気前のいいこと言ってみたいです。が、実際はみみっちく使ってしまうのでしょう。半分は貯金して。しかし幾らか紅天に寄付させていただきますよ。
皆さんはどうですか?
あと、もしも、もしも、ある日目が覚めたら自分が金正日だったらどうしますか?
Posted by 紅茸子 at 2006年05月10日 21:38
紅茸子さん

きまってんだろ、喜び組を朝から晩まではべらせて、朝は歯磨きから夜は枕に敷布団に毛布に掛け布団にさせちゃおう。そして、死ぬ前に、核のボタンを日本に向けて押しちゃうんだ。
Posted by ひょうたんから駒 at 2006年05月10日 21:50
紅茸子さん

なかなか興味深い話になってきましたぞ。フィンランドがキーワードになってきましたな。
Posted by 湖南 at 2006年05月10日 21:51
紅茸子さん

ほんと、まかふしぎな紅天とフィンランドの繋がりです。なんなだろう、なんなんだろう?
Posted by 絵はがき坂 at 2006年05月11日 22:58
なんでしょうね。フィンランドと繋がってるのかもわからないですが。
Posted by 紅茸子 at 2006年05月11日 23:47
紅茸子さん、最近紅天で見ないなぁ、どこ飲みいってんの?
Posted by ひょうたんから駒 at 2006年05月12日 23:00
ひょうたんから駒様

ひょう駒さんこそお姿見かけませんが・・・。
ちょうど時間帯が合わないのでしょうか。
Posted by 紅茸子 at 2006年05月13日 14:52
今日はあまりの寒さにストーブ再登場。灯油が余ってて良かったです。
ところでひょう駒さん、人間ベッドって疲れとれるのでしょうか?小錦くらいなら気持ちよさそうだけど、北朝鮮のスリムな女性達のベッドじゃごつごつ痛そうです。

Posted by 紅茸子 at 2006年05月13日 19:25
紅茸子さん

寒いなぁ。こっちでもストーブ再登場させちゃったよ。そうなると、ぬくぬくでうとうとっとしてしまう。
茸子さんさ、小錦みたいなぼよよぉよよよ〜んじゃかえってだめだ。やっぱりごつごつくらいのスリムのがいいよ。ショッピングセンターでよくマッサージ機が置いてあんだろう?指圧、たたき、もみほぐし、座ってやったことある?あれ座るとさ、以外にごつごつしてんの。でも10分も座ってると、しまいにゃ気持ちよかよかで、よだれだして寝てしまうんだぜ。極楽極楽。あれといっしょ。さいしょごつごつあととろとろ。紅天喜び組結成ははむりだろうしなぁ、せめてあの椅子置いてほしい、さいしょごつごつのやつ。
Posted by ひょう駒 at 2006年05月13日 22:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17637336

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。