2006年04月23日

金家ね

三谷幸喜の「オンリー・ミー」を読み、笑いをこらえようと口をよじれさせていた時、ハンチが例の歌をうたいながら紅天に現れた。
「ななつの顔の おじさんの 本当の顔は どれでしょう〜♪」

ハンチ「(席について)あいつ来てないの?」
雪子さん「来てないわ」
ハンチ「あいつ蛇のくせに冬の方がてきぱきしてんだよな」
  雪子さんはもくもくと料理を作っていた。
ハンチ「よー、姉ちゃんよ、こんなとこで油売ってていいんかよ。そろそろ やばいんじゃないか?」
雪子さん「(ハンチには見向きもせず)かぶらなら売ってるけど油売った覚 えはないわよ」
  そう言ってハンチの前にカブの漬物を置く 
ハンチ「(鼻で笑って)相変わらずだな(焼酎を一口飲む)」
  ハンチと同じ歌をうたいながら蛇子が店に入ってきた。
猪吉さん「(モッキンバードを作りながら)その歌なんですか?さっきハン チさんも歌ってましたね(蛇子の前に酒をおく)」
  蛇子が答える代わりにハンチが口を開いた。
ハンチ「知らんのかい?俺らの間じゃベストポピュラーソングなんだけどな(ニヤっ)」
猪吉さん「初めて聞きました」
蛇子「アンタモグリネ」
猪吉さん「はっはっはっはっは」
  ハンチ、またうたい始める。どこかいやみっぽい。
雪子さん「ハンちゃん、いい加減にしてよ。他のお客さんもいるんだから」
ハンチ「へーへー、わかりましたよ。でもさー気になるじゃないか。七つの
 顔と七つの声の本物はどれだかさ」
蛇子「ミンナヨンデルシアワセヲデンデンドロリコモッテクル」
雪子さん「だから、もう歌わないでよ!」
ハンチ「蛇子、やめとけ。ねえちゃん切羽詰ってイライラしてんだ」
雪子さん「勝手に言ってなさい」
 雪子さんはそのままプイと奥に消えてしまった。

雪子さんをあそこまで怒らせたハンチと蛇子のあの歌はいったいなんなのだろか・・・。喜劇を読んで笑ってられる雰囲気ではなかったので、私はその後違う本を猪吉さんにオーダーした。

<今日の食事>
新大久保 金家ねより
●韓国小鉢
IMGP1181.JPG
●タコ炒め(超辛口)
IMGP1182.JPG
●海鮮鍋
IMGP1184.JPG
●金家ねサラダ
IMGP1183.JPG
●チャミスル
●レモンサワー
<今日の本>
「オンリー・ミー」三谷幸喜
「妄想の森」岸田今日子

posted by pikkumyy at 11:24| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
考古堂様 舞茸様

やっぱ蛇と虹に関わりがあるのでしょうか。しかし渋い本が目に付きましたね舞茸さん。私も今度紅天行ったとき探して目通してみます。

伊良子様 岸夕子様

蛇と虹ではなく、お2人は雪と七に読み解く鍵があると思われてるわけですね。これもなかなか見過ごせない深い読みだと思います。

皆さん色々ヒントをありがとうございます。私なりにもちょっと考えてみます!
Posted by 紅茸子 at 2006年04月23日 11:33
舞茸さん、紅茸子さん

舞茸さんが手にした本にあった、ヴ−ドゥー教を仕事がら気になることもあり、ちょっと調べてみました。ゾンビ伝説のもとになった宗教です。蛇子にかかわるものがあるのかどうかは皆さんの想像にお任せします。

「ヴードゥー教」という多神宗教はハイチ共和国などを中心に信仰されています。アフリカが起源で、自然への精霊への祈りがもとだそうです。それがキリスト教の儀式や黒ミサの儀式などを取りこんで現在に至り、それらもあってちょっと誤解を招くようになったんだそうです。

「ヴードゥー教」は霊的な観念を扱っているだけではなく、道徳や哲学、そして独自の法体系といったものを備えているんだそうです。また医療や占いも兼ね、薬草に強いんです。

この法体系の中で「ゾンビ」が存在し、これは罪人に(裁判所を通さず)罪を償わさせる手段であったそうです。以下の方法で行われた実態がありました。

神官は、あらかじめ犠牲者に「秘薬」を混ぜて飲ませ、犠牲者を仮死状態にする。
その後、通常どおり葬儀を行い(葬儀方法は土葬)社会的には死亡させる。
神官は人目をしのび「仮死状態」の犠牲者を掘り起こし、顔に液体を塗り仮死状態を解く。
犠牲者は「生ける屍」とされ、神官の隠れ家などで労働を強制される。(1〜2日間という長い間無呼吸状態だったため脳の前頭葉は死んでいる。)
これこそがゾンビの正体である。

この「秘薬」は「ゾンビ・パウダー」と呼ばれ、トカゲ、カエル、ねずみ、クモ、ふぐ、人骨、薬草、その他いろいろな成分でできているんです。

ふぐの毒(テトロドトキシン)は運動障害、アトピン・スコポラミン(薬草に含まれる)などで犠牲者を意識・記憶障害に陥らせるそうです。

その中で、最も注目すべき成分は、薬草の中に「ダチューラ(チョウセンアサガオの一種)が含まれている点。「ダチューラ」は「アルガロイド毒」が含まれており、これを体内にとりこめば、体が痙攣し全身麻痺に陥ります。

また、「仮死状態」を解くには「カラバル豆」を利用した薬品を顔に塗ります。この豆には「フィゾスチグミン」が含まれており、停止していた脳の知識を回復させる効果をもっています。

現在のハイチ共和国ではブードゥ教は正式な宗教として認められ、結婚式など人々の生活に取り入れられています。ただし、ゾンビ・パウダー製造やゾンビづくりは法律で禁止されてもいるのは当然ですね。
Posted by 秘薬調剤薬房 at 2006年04月23日 12:44
秘薬調剤薬房様

ゾンビ映画はブードゥー教の何かの儀式をモデルとして作られたと聞きましたが、まさか罪人に罪を償わせる手段だったっとは思いもよりませんでした。それにしても恐ろしい懲罰ですね。仮死状態から目覚めた時は前頭葉が死んでいるなんて。そんな状態で生き返らされるなんて、成仏できない自縛霊くらい苦しいでしょう。
まさか秘薬調剤さん、カラバル豆やゾンビ・パウダーをご自分の店で取り扱おうなんて思ってないですよね?秘薬調剤薬房というくらいだから心配です。あまり無茶しないでくださいね。

Posted by 紅茸子 at 2006年04月23日 16:30
不知火の仁五郎様

私も薬効節、もしくはマジックマッシュルームなどが持つ幻覚性が有力ではないかと思い調査しました。色々調べてるうちに面白い情報に行き当たりました。
天狗男さんが旅立った中南米では、古来から幻覚性毒キノコが祭儀や戦いに用いられていたそうです。
また、中米のガテマラではそのような茸が、霊界とのつながりを持つために使用され、きのこ石なるものが現存してるそうです。
http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/special/kinoko/kobanasi/topkobanasi.htm
もしかしたら七色のきのことは、霊界や異次元に通じる扉を開く鍵なのではないでしょうか。
それが雪子さんとどう結びつくのかは謎ですが、天狗男さんはなんらかの確証を得て、きのこを霊的に捉えていた南米に行ったと思うのです。もしくは、七色のきのこは本物のきのこではなく、きのこ石みたいに古代人によって作られたものかもしれません。皆さんどう思いますか?
Posted by 紅茸子 at 2006年04月23日 19:03
紅茸子さん

ベニテングタケは幻覚茸!?シベリアとギリヤークそれに愛媛!?そんな関係があったんですか!
Posted by パイナップルマン at 2006年04月23日 22:29
紅茸子さん

きのこ石って本当は授かり石なんじゃないのぉ?ちょっと偉い人はそういうこと分りたがらないからなぁ、素直にそう見ようとしないし。茸子さん、ぱっと見て何に見えた?
Posted by 人妻コメット at 2006年04月23日 22:33
紅茸子さん、紅天50話おめでとうございます。そして感謝です。今後もよろしくお願いしまぁ〜す!!
Posted by 紅天仲間一同 at 2006年04月23日 22:42
あれー50話だったのですね!?気づかなかったわ〜。皆さんありがとうございます。ほんと皆様のおかげです。おかげですおかげですー!
Posted by 紅茸子 at 2006年04月24日 05:33
人妻コメット様

遠い昔NHKでやっていた「おかあさんといっしょ」の「にこにこぷん」。あれに出ていた樹齢200年の博識なかしの木おじさんに似てると思いました。

パイナップルマン様

ギリヤークって何ですか?
Posted by 紅茸子 at 2006年04月24日 20:48
紅茸子さん、本当にありがとう。こちらこそおかげさまよ。これからも楽しみにしてますから、よろしくね!ちなみに私にはカリメロに見えたわよ。
Posted by 舞茸 at 2006年04月24日 21:45
紅茸子さん

ロシア連邦の極東、アムール川下流域からサハリン(樺太)のあたたりのことです。また、そこに居住する民族。茸子さんが紹介してくれたきのこ小話HPに出てきたんですけど‥、幻覚きのこの紅天狗茸を利用する世界の3地点のひとつらしいです。
http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/special/kinoko/kobanasi/topkobanasi.htm
Posted by パイナップルマン at 2006年04月24日 23:48
紅茸子さん

50話記念、わたしのプロフィールやってみない?それか私の50歳とか、私の50年後でもいいけどさぁ、そんかかんじの「きのこ小話」をひとつたのむよ。
Posted by ひょうたんから駒 at 2006年04月24日 23:51
ひょうたんから駒様

久しぶりに出ましたね「プロフィール」。もうすっかり忘れたと思っていたのに(笑)
プロフィールは皆さんのご想像にお任せします。
50話記念、茸子のプロフィールを当てよう!ならやってみてもいいですよ。
皆さんが想像した私のプロフィールで一番近い人にご褒美とか。
Posted by 紅茸子 at 2006年04月26日 04:40
紅茸子(本名:田中紀子)38歳 旅行代理店勤務、×イチ、出身地青森
Posted by 本の虫 at 2006年04月27日 20:45
紅茸子(本名:山田雅子)29歳 かもめ食堂店員 独身 出身地秩父 
Posted by パイナップルマン at 2006年04月27日 22:40
かもめ食堂店員には憧れますけどね・・・。私もおいしいおにぎり作ってみたい。
Posted by 紅茸子 at 2006年04月27日 22:48
紅茸子さん

GW突入ですね。GWのご予定はどんなんでしょう?だいぶ前に舞茸さんと愛媛へ謎解きの旅行こうかなんて言ってたけど、謎が謎呼んで不思議なパラレルワールドになってきましたよね、紅天。50話でこんなてんこ盛りなんですからこれからどうなるんでしょう。楽しみです。それにしても、本の虫さん茸子さんを×イチだなんて!‥でも本当はどうなんだでしょう?茸子さん恋多き乙女?全く男っけなし?さて、さてこれからの話でご披露くださいな。よろしく。
Posted by O・レター at 2006年04月29日 14:05
紅茸子さん

かもめ食堂で茸子さんがにぎってくれたおにぎいたら毎日食べに行ちゃいますよ。手についた米つぶを茸子さんがたべているかわいらしい姿、想像つきますよ(笑)。それにしてもフィンランドってとこも興味あります、行ってみたいなぁ。どんな国なんだろう、森と泉とムーミンしか知らないけど、空気がおいしそうですよね、そんなとこでおにぎりほおばったら×3くらいおいしさふえちゃうんだろうなぁ。と、思いながら茸子さんのプロフィール応募考えてます。懸賞はなんですか?ひょっとして、茸子さんが丹精こめてにぎってくれた、きのこおにぎり!?
Posted by 絵はがき坂 at 2006年04月29日 14:41
絵はがき坂様

きのこおにぎり登場しましたね。もしかして紅天で食べました?何がはいってるかわからないってのも闇おにぎりみたいで面白いですね。おにぎりパーティー面白いかも。懸賞は秘密ですよ。
トンミ君しばらく日本に滞在するみたいです。また紅天に来てくれればフィンランドについて聞けるかもしれませんね。

O・レター様

GWはどうしようか考え中です。紅天にはいつものスタンスで通います。皆さん旅行とかでしょうか?そしたら紅天空いてるだろうな。雪子さんや猪吉さんは里帰りしないんですかね。蛇子とハンチもどうなんでしょう。
恋のお話?紅茸天狗でいい出会いないかなー。
Posted by at 2006年04月29日 16:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16934052

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。