2006年04月01日

桜チルチルミチル

年度末のごたごたから解放された晴れやかな一日の締めくくりに,
紅茸天狗を訪れた。紅天では師走も年度末も関係なくいつもゆったりした空気が流れている。嫌なことを全部忘れさせてくれる不思議なお店だ。

今日もまた猪吉さんが出してくれる最初の一杯に癒された。ワインを思わせる深いルビー色のカクテル。今まで飲んだことのない味だけどとっても美味しい!
雪子さんの料理はいつにも増して豪華だった。
私「今日は何か記念日ですか?」
雪子さん「え?」
私「お食事豪華じゃないですか。こういうの出してくれる日は特別な日が多いから」
雪子さん「え、ええ・・・」
雪子さんは神妙な顔つきになってだまりこくってしまった。
私「何か記念日ですか?」
雪子さん「記念・・・といえばそうかもしれませんね・・・」
目を伏せたまましどろもどろだ。なんの記念日か教えてくれないまま奥へ行ってしまった。どうしたんだろう。
しばらくして猪吉さんが2杯目のお酒をだしてくれた。
私「今日何かの記念日だと雪子さんおっしゃってたんですが、何記念日なんですか?」
猪吉さん「あ、ああ・・・えーと・・・記念日というか・・・」
やっぱりしどろもどろ。
猪吉さん「実は・・・」
雪子さん「いいのよ。私から話します」
雪子さんが奥から戻ってきて猪吉さんの言葉を遮った。なんだろうこの重圧感。ここでこんな息づまる空気を吸ったのは初めてだ。
雪子さん「実はね、今日で店をたたむことにしたんです」
私は口に運ぼうとしていた料理を箸から落としてしまった。
雪子さん「生まれ故郷に帰ることにしました。前々から帰ってこい帰ってこいって言われてたんです」
私「・・・」
雪子さん「ごめんなさいね突然のことで。私達も今日やっと決断したんです(猪吉さんの方をちらっと見て)」
私「・・・私なんて言っていいか・・・」
泣けてきた。泣いちゃだめだ今日で最後なのに。でもこらえればこらえるほど涙が溢れてくる。
雪子さん「本当に皆さんには感謝しています。素晴らしい常連さんばかり。私達とっても幸せでしたよ。大切な人たちと季節ごとの節目節目をお祝いできたこと。みんなできのこ祭もやりましたね。ちょっとハプニングはあったけど。それに皆さん紅天を愛してくれた。それが何よりも嬉しい」
猪吉さん「私達はそういう店を持つことが夢でした。皆さん方にかなえさせていただきました。ありがとうございます」
私は子供のように泣いた。声を立てて泣いた。大好きな紅天がなくなってしまう。雪子さん、猪吉さん、せっかく仲良くなった常連の方々。紅天で繋がっていたみんな。ここがなくなったらみんなともう会えないのだろうか。会えないのだろうか。
私「私の方こそ感謝しなくちゃならないんです。美味しいお酒とお料理。たくさん本を読みました。ほんとにほんとに素敵な仲間とも出会えた。紅茸天狗は私にとってかけがえのない場所です。大好きなこのお店を作ってくださってありがとうございます。(涙がこぼれてしょうがない)またお店始めることがあったら知らせてくださいね。ちゃんと・・・」
その時雪子さんが何か料理を出してくれた。ケーキ?
雪子さん「これどうぞ」
私は泣きはらした目でそのケーキをまじまじと見た。何か書いてある。目をごしごしこすったのでぼやけてはっきりしない。ケーキに顔を近づけた。
「April Fool」
!?
2人を見るとにやにや笑っていた。
私はしばらく声を発することができなかった。口をぽかんとあけてさぞ間抜け面だっただろう。
猪吉さん「驚きました?」
私「・・・え、だって今日はまだ・・・」
猪吉さんが時計を指差した。見ると深夜0:10。
私「え、いつの間にこんな時間!?」
雪子さん「ふふふふ」
私「もうーーーー!驚いたなんてもんじゃないですよ!」
雪子さん「やっぱ季節ごとの行事は皆さんとやりたいですから」
私「寿命何年縮まったと思うんですか!あーもう悔しい!エイプリルフールがなければ世界の平均寿命はもっと延びてるはずですよ」
3人で笑った。
あーよかった。よかったよかったよかった!ちょっと悔しかったけど。4/1になってて本当によかった。一年に一度の大嘘祭。
私はそれからお会計を速やかにすませ、終電に間に合う為走って帰った。

<今日の料理>
高野豆腐の鶏挽肉挟み
IMGP1145.JPG
散らし寿司
IMGP1143.JPG
茄子の煮びたし鰻添え
スペアリブ
IMGP1144.JPG
ケーキ
IMGP1147.JPG
<今日の本>
「痴人の愛」谷崎潤一郎
posted by pikkumyy at 07:44| Comment(11) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紅茸子さん

雪子さん、猪吉さんにすっかりやられてしまいましたね。今日から四月。春本番ですな。
ところで、新たな事実がわかりましたぞ。なんと、ハンチと蛇子は入籍しとりました。事実は小説より奇なり。二人は人生を共に生きていたんですな。最近は個人情報保護法のお陰でなかなか、私どもの商売やりずらい。まぁ、「どうやってその情報を」はなしにしといてくださいよ。
Posted by 湖南 at 2006年04月01日 11:16
昼間暖かかったですね。隣の隣の疫まで5kgはあろうかという荷物しょって歩いたら汗みずくになりました。
夜も暖かい風に包まれて、冬の刺すような空気はいつの間にやらどこへやら。
どこらに咲いている木蓮、仏の座、オオイヌノフグリなどを見ると春もいいものだなーと思いました。お花見やってる人多かったですね。皆さんはどんな春の休日すごされたのでしょうか>

湖南様

蛇子とハンチそんなとこまで進んでたのですね。あららららー。彼らの物語続きどうしようかと思ってるのですが、ある方面から著作権に関わるんじゃないかとご指摘を受け進めるに進めないんですよ。もしかしたらまた新たな物語を展開させるかもしれません。湖南さんの情報を手がかりにしたいと思いますのでよろしくお願いします。
Posted by 紅茸子 at 2006年04月01日 22:07
紅茸子さん

私の自宅も小包が届きました。包みをあけたら中からケーキが。なななんとそこに「April Fool」!!
おやすみなさい、茸子さん(笑)
Posted by at 2006年04月01日 23:04
おっと、名前も名乗りませんでこれまた失礼(笑笑)
Posted by 湖南 at 2006年04月01日 23:06
あの2人もまめですね。お客さんにケーキを送るなんて。それにしてもどこから住所入手したのか。そういえばメンバーズカード作るにあたって個人情報書きましたっけね。来店ごとにスタンプ押してくれるやつ。私もうすぐゴールです。特典はなんだろう。楽しみです♪
Posted by 紅茸子 at 2006年04月02日 08:33
紅茸子さん

ケーキは拙者、湖南から茸子さんへApril Fool!!のがせねたをお送りしたということなんですが…(笑笑笑)。気づいてもらえましたかの?
Posted by 湖南 at 2006年04月02日 14:27
むむむむ・・・。そっかまだ4月初日だったのですね。油断していました。
それにしても今日は昨日と打って変わって寒いくらい。蛇子の仲間もまだまだ土の中でぬくぬくしてたいでしょうね。朝晩も結構冷えるし。
Posted by 紅茸子 at 2006年04月02日 15:35
紅茸子さん

茸子さん、湖南さんにすっかりやられてしまいましたね(笑)。お二人のやりとりを楽しませてもらいました。ほんと、今日は昨日と一転、寒い一日です。昨日は花見しましたか。桜も年に一度というのがいいです。また来年を楽しみに待つことにしましょう。
Posted by O・レター at 2006年04月02日 16:18
紅茸子さん

今年もまた、新人が入ってくるわ。最近の子、気が効かないっていうか、露骨に「負け犬」って目で見るのよね。えさやんないぞ!ってにらまられているのわかんないのよねぇ。
ところで、茸子さんに質問。「なめお」ってどんなかたなのかしら?紅天で見たことないんですけど、小岩井牧場や恐山に旅してるんですね。現代の芭蕉か賢治の銀河鉄道の乗客?
Posted by 舞茸 at 2006年04月02日 22:22
O・レター様

そうですね。年に一度だから待ちに待って高揚感も高まり貴重さ美しさが一層際立ちます。花見も季節物だからみんなあんなに気合はいって盛り上がるんですよね。

舞茸様

なめおはぬんちゃく犬ですよ。ぬんちゃくをたけこぷたーみたいにぐるんぐるん回して空飛ぶんですよ。
舞茸さん、負け犬なんてそんな被害妄想だめですよ。暢気猫のつもりでいきましょう。
Posted by 紅茸子 at 2006年04月03日 06:58
紅茸子さん

暢気猫、新しくてかわいいキャラね。お互い暢気猫でいきましょうよね。食べてはごろごろ、飲んではごろごろ、欠伸してのたり、のたり。
今日は雨が降ってもうお月様が出て透き通るような夜空が出ていたわ。やっぱり、夜桜は妖しい。
Posted by 舞茸 at 2006年04月05日 22:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

エイプリルフールの歴史
Excerpt: エイプリルフールの習慣が始まったのは、1582年にフランスで新しいカレンダーが導入されたときがきっかけだったそうですよ。
Weblog: カチャーシー
Tracked: 2006-04-01 14:38

エイプリルフールの歴史
Excerpt: エイプリルフールの習慣は、16世紀に、フランスから始まったそうですよ。
Weblog: 沖縄のゆしどうふ
Tracked: 2006-04-01 16:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。