2006年03月26日

無性に料理をしたくなる時があって、今日も料理に挑戦。
本当に料理が好きで、料理上手の人はこんな突発的なことはなく、凡人(料理人から見て)が普段水を飲むように料理をしているのだろう。
私はこの突発性が起こらない限り料理はしないので料理好きとは明らかに異なる。皆さんそこらへんご注意。
しかも私がにわかに作りたくなるものは自分自身食べたいもの。このように私はいついかなる時も自分の欲求のままに行動する。「他人のために作る」そういう文章はいまだ私の中に発生しておらず、だからこそ雪子さんその他もろもろの料理人&主婦を尊敬してやまない。
さて今日の料理は耳。しかもただの耳ではなく変り種を作りたい。それこそが私を料理好きから遠ざけているゆえんであるにも関わらず。
というのも私は突発心がわかない限り料理は作らないので、本格的に料理をこしらえるのは年に4,5回程度である。そのモチベーションを利用して作る料理は自ずと変り種になってくる。何しろその心境に達するのは春夏秋冬各々約1度きり。その士気を野菜炒めや粉ふき芋につかってはもったいない。
だから私がやる気がある時は認知度の低い料理を作ることが8割を占める。せっかく作るなら、とい気持ちが起こるからだ。そしてその料理を無理やり食べさせられる人間がいるわけで、その試食係というのがえらく保守的な人ばかり。それは勿論食のことに関してもだ。そうすると私が作った料理は彼らの口に合わず、結局はそんなに箸をつけれられず余ってしまうものが大半だ。
自分では美味しいと思っているのが、他人には受け入れられない。味覚とはかくもそれぞれ異なるものなのだろうか。ともかく私は自分でも食べられないようなものを作ったことは、人生において一度しかないと豪語できる。その話は長くなるのでここでは省かせていただく。
このよう変わったものを作るし、味もへんてこで食えたモンじゃないものを作る私は料理下手であるという烙印を押されている。自然と私に料理を任せる人間はいなくなるわけで、それが私を台所から遠ざけているゆえんである。
しかし今日はどうしてもネパールの耳を作りたかった。というより自分で食べたかった。
ネパール餃耳とはしばしばこのブログにも登場するモモという和風耳より丸っこいものだ。
私はさっそく挽肉、万能ねぎ、にんにく、しょうが、各種スパイスと野菜、万が一の時のために耳の皮(薄力粉と水で簡単に作れる)を買ってきた。
手をよーく洗ってまずは皮作りからとりかかった。しかし・・・薄力粉が見当たらない。小麦粉すらもなく、あるのは強力粉のみ。薄力粉も強力粉もさしたる違いはないだろうという希望的観測をもって強力粉を使用した。しかし甘かった。強力粉はその名の通り強力な粘りを持ち延棒をもってしてもいっこうに平たくならない。しょうがないので挽肉、スパイスその他もろもろを混ぜ合わせた具を、分厚い皮に収めどうにか封をし蒸し器に入れた。
10分蒸すと書いてあったがそれでは足りない気がしてしばらく放っておいた。すると焦げ臭い匂いがして、鍋のふたを開けてみると水がすっかり蒸発して底が焦げ付いていた。危ないと思い火を消した。幸い耳に損傷はなく鍋が焦げ付いただけだった。自分の耳のように優しく労わって鍋から皿に盛り付けた。
以下がそのネパール耳。市販の皮と余ったタネがもったいなかったので普通の耳も作ってみた。

IMGP1137.JPG

IMGP1140.JPG

強力粉の皮は案の定蒸されている間に膨張し、一つ食べるとそれだけで胃がもたれそうなほどボリュームがあった。耳というより肉まん。でも味はまあまあだったんじゃなかろうか。
今回の採点70点。ちょっと甘いかしら・・・。
ちなみにイタリアにも耳料理があるそうだ。その名もオレッキエッテ。オレッキが耳という単語でオレッキエッテは「小さい耳」という意味だそうだ。形はニョッキに似ていると思う。今度西の耳にも挑戦したいが、その意欲が沸くのは夏以降だろう。まだまだ先の話。




posted by pikkumyy at 14:21| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
絵はがき坂様

季節に色をつけるとしたら・・・
春→桃色
夏→水色
秋→赤色
冬→白色
が一般的(?)ですが、
私の心の動向としては
春→無色に近い桃色
初夏→花粉色
夏→真っ青
秋→枯れ葉色
初冬→透明感のある赤ワイン
冬→雪が落ちてきそうな灰雲
Posted by 紅茸子 at 2006年03月26日 14:35
紅茸子さん

季節の変わり目をモチベーションに挑戦してみてください。紅天の皆さんで試食会しましょう。毒味会ではありませんよ(笑)

春→無色に近い桃色の桜餅風の耳
初夏→花粉色のターメリック味の耳
夏→真っ青な小松菜入りの耳
秋→枯れ葉色の辛子が隠し味の耳
初冬→透明感のある赤ワイン蒸しの耳
冬→雪が落ちてきそうな灰雲と大根のみぞれ風の耳
Posted by 絵はがき坂 at 2006年03月26日 16:45
紅茸子さん

あたらしお料理は、その衝動が大切。茸子さんがつくったネパール耳のタレに興味があるわ。
Posted by 岸夕子 at 2006年03月26日 16:46
岸夕子様

タレ気づいていただけましたか。うーんあれね・・・。トマト、玉ねぎ、にんにく、しょうがヨグちゃん(ヨーグルト)をミキサーにかけたものを鍋で煮立て、そこに塩コショウ、スパイスを加えるのですがなぜかすりおろしりんごの味が・・・。レシピ通りに作ったのに店の味とは程遠い。やはり食べなれていない異国の料理は難しいですね。和食でさえ満足に作れないのに。

絵はがき坂様

赤ワイン蒸し耳!隠居したら耳屋さんでもやろうかしら。そこらへん屋台出して。レシピ色々考えてください。花見屋台では食紅で皮を色付けした桜色の耳なんていいかもしれません。ヨモギで色付けした若草色の耳と並べたら春らしい彩りですね。
Posted by 紅茸子 at 2006年03月26日 21:02
紅茸子さん

やっぱり、茸子さんただ者ではなさそうね。タレへの執着がプロの食人(食べる人)を感じさせる。今度じっくりワールドワイドのお料理の話を聞かせてくださいな。
Posted by 岸夕子 at 2006年03月26日 21:36
桜が今にも満開。
桜さん、せめて来週まで待ってください。
今週はゆっくり愛でる余裕がないです。
目がとろとろしてむにゃむにゃむにゃ。
目覚めた時には花びらの絨毯なんてやめてくださいな。
Posted by 紅茸子 at 2006年03月27日 21:34
紅茸子さん

明日から少し雨を降らせてさしあげようかな。週末まで桜がもつようにおまじないの歌をうたってあげよう。ほれ、「雨、雨降れ降れ茸子さんがぁ花見で一杯楽しいな♪ぱっぱっぱっ。アメフラシ和尚がぱっぱっぱっ。」
Posted by きのこ和尚 at 2006年03月27日 22:23
紅茸子さん

さっき、きのこ和尚が歌ってた歌、あれ雨雨降れ降れの歌でしょう。この歌に蛇子が出てくるんです。ちょっと怖いけど、昔からの歌は残酷です。これで怖くなって鬼がおしっこを漏らすんで雨が降るらしいです。

http://www.alpha-web.ne.jp/fun/kowai/kowai_943.htm
Posted by 本の虫 at 2006年03月27日 22:30
きのこ和尚さんお久しぶりです!きのこ寺の桜は5分咲きくらいでしょうか?確か梅の開花も遅かったはず。まじない歌ありがとうございます。どんどん寒くしてください。

本の虫様

それってまさに楳図かずおの「ママが怖い」じゃないですか!まさか蛇子はかずおさんと知り合い・・・。
Posted by 紅茸子 at 2006年03月28日 05:35
きのこ和尚、紅茸子さん

雨が降ってきましたぞ。夜桜を楽しんでおりましたら、ぽつぅぽつぅと雨粒が。きのこ和尚、なかなかやるもんですなぁ。お見それしやした。
Posted by 不知火の仁五郎 at 2006年03月28日 22:25
きのこ和尚様

昨日は雨乞いありがとうございました。帰宅時雨が降りそうな匂いがしたんです。きっときのこ和尚が呪文を唱えてるのだろうと思いました。帰宅後すぐざーっと降ってきましたよ。数分遅かったらびしょ濡れでしたね。ご配慮ありがとうございます。
Posted by 紅茸子 at 2006年03月29日 20:37
紅茸子さん

花冷えというんでしょか。まだまだ夜は冷えます。花見っていう感じではないですね。きのこ和尚のお陰でこの土日あたりが見ごろ、花見どころってかんじになしそうですね。
Posted by フォーレ at 2006年03月29日 22:21
ううう・・・今日はサム!和尚やりすぎですよ!
Posted by 紅茸子 at 2006年03月30日 21:53
紅茸子さん                               最近、紅天で見かけないねぇ。春だし、デートで忙しいの?
Posted by ひょうたんから駒 at 2006年03月31日 20:57
ひょうたんから駒様

ぽっかぽかの昼下がり桜並木のデートしたいものですわ。ひょうたんから駒さんこそ忙しそうだわ。
Posted by 紅茸子 at 2006年03月31日 21:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15513540

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。