2006年03月21日

鎮花祭

雪子さん「見てくださいこれ」
出された常温の酒を飲んでいると、雪子さんがカウンターに盆栽と思しき鉢植を置いた。桜の盆栽だったのか土の上に淡いピンク色の花びらが散っていた。
私「桜ですか?」
雪子さん「そうなんです。先日購入した桜の盆栽。春うららというんです」
私「桜の盆栽なんてあるんですね」
雪子さん「ええ。店内を春らしくしようと思って購入したのですが、先日花が咲いたと思ったらもう散っちゃって・・・」
私「早いですね。屋外の桜はまだ蕾ですよ」
雪子さん「そうなんです。梅より早く散ってしまいました。これから活躍してもらおうと思ってたのに。それで今日紅茸天狗では鎮花祭をやることにしたんですよ」
私「話詰めの祭?」
雪子さん「ちょっとイントネーションが違うかしら。花を鎮める祭と書くんです」
私「ああ。で、どんなお祭ですか?」
雪子さんの横でグラスを磨いていた猪吉さんが説明してくれた」
猪吉さん「鎮花祭は、もともと疫病祓いとして行なわれていたものです。古来疫病を運んでくると言い伝えられる桜を祓う、鎮める意味合いを持ってます。桜の花びらが舞い散る時、疫神が疫病みを行うのを鎮めるための行事なんですよ」
私「へー。それを今日」
雪子さん「紅茸天狗の桜はもう散ってしまったので」
悲しそうな顔で桜の木を見つめていた。

古来の鎮花祭の慣わしにのっとったご馳走とお酒が振舞われた。
御代を払って店を出ようとすると雪子さんに呼び止められた。
雪子さん「ちょっと待って茸子さん、今日はこれに入ってから帰って下さいね」
そう言って傘のようなものを開いた。それは真っ赤な傘のてっぺんに色々な花で綺麗に飾り付けを施したものだった。
雪子さん「これは花傘というものです。花鎮祭の時この傘に入ると悪霊を取り去って病気にならないという言い伝えがあるんですよ。だからこれに入ってこれからも元気に紅天通いしてくださいね」

<今日の食事>
●赤飯
赤飯.jpg
●おこし
おこし.jpg
●わかめと大根の煮物
●乾魚
カレイ.jpg
●甘酒
●濁酒
●日本酒
<今日の本>
「愛と死を見つめて」大島みち子 河野実
posted by pikkumyy at 14:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紅茸子さん

はなしずめの祭。四季折々の祭が紅天にはあるのよね。春夏秋冬、日本に生まれてきてよかった。王JAPANも世界一よかった。
Posted by 舞茸 at 2006年03月21日 22:59
舞茸さん野球見るんですね。私野球にはほんとうとくて、日本が決勝に進んだことも昨日初めて知りました。日本が優勝決める前の数分間はちゃんとテレビで見ましたよ。オリンピックの雪辱をここで晴らしてくれた感がありますね。良かったです。
Posted by 紅茸子 at 2006年03月22日 05:25
紅茸子さん

見ます、見ます。特にビール片手に応援、大好きなんですよ。どこってごひいきはないですが、神宮みたいな屋外球場が好き。選手ではイチロー。昨日はイチローが興奮している姿が見れたたのが一番うれしかったかな。
Posted by 舞茸 at 2006年03月22日 22:14
冷静な人が興奮してたりはしゃいでたりしてる姿を見ると嬉しいですよね!舞茸さんもビール片手に応援とかするんですね。
ビール片手に明日起こるかもしれない楽しいこと考えるだけでワクワクします。
単純なほど人生は楽しいのかもしれません。だから動物たちって人間が思うよりずっと充実した一生を送ってるのではないかと思います。
Posted by 紅茸子 at 2006年03月23日 22:09
私も真面目はいいことだと思います。だけど真面目な人が損をする、真面目にやってる人が馬鹿を見るみたいな風潮が出てきて真面目って損だという印象が強いんですよね。
本当に真面目な人はそれらを肯定してるから損得なんかないし、馬鹿みたって自分がそうしたいからしてるわけであるから自分を本当に馬鹿だと感じてるわけではありませんしね。
Posted by 紅茸子 at 2006年03月23日 22:25
紅茸子さん                               なんかわけわかんねぇけど、一生懸命ってのがいいよな。すがすがしいもん。茸子さんがさ、紅天大切にしてくれて、みんな感謝してんだぜ。茸子さん、すがすがしいほどかわいいってことよ。みんな、口下手だかんな、ひとこと。
Posted by ひょうたんから駒 at 2006年03月23日 23:23
ひょうたんから駒様

なんかお久しぶり?
私にとってはみんながかわいい。みんながいるから紅天が好きです。皆さんがいなかったらこんな通いつめてないですよ。
紅天が謎に溢れて愉快な場所だってこと、みんなのおかげで気付くことができました。感謝感謝感謝。
Posted by 紅茸子 at 2006年03月24日 20:47
紅茸子さん

かわいい絵はがき坂です?!。あっちこっちに花がほころびはじめましたね。春は黄色い花が咲き始めて、それから白や桃色といろんな花の色が楽しめます。季節に色がついてくるくる不思議、紅天も色先取り、流石、雪子さんと猪吉さんです。
Posted by 絵はがき坂 at 2006年03月25日 20:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15198672

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。