2006年03月01日

月の庵

ハンチ蛇子物語 つづき

春が終り梅雨に入いった。その頃になるとヘビコはすっかりハンチ家族の一員のようだった。ヘビコはハンチの行くところにはどこでもついていこうとした。マチもヘビコが気に入り、多少変わったところがあるものの、本気でハンチの嫁にしたいと考えるようになっていた。

ある雨の日、ハンチはヘビコと一緒に食料の買出しへ出かけた。いつもはマチが行くのだが季節の変わり目のせいか数日前から風邪を引き寝込んでいた。
家を出るときハンチはマチの赤い傘をヘビコに渡した。ヘビコはきょとんとしただけで傘を受け取ろうとしなかった。
「雨降ってるだろ。これさせって」
「いやです。さしません」
「・・・かっぱ派なんか?」
「かっぱも着ません。雨に濡れて行きます」
「外見てみろ。小雨や霧雨じゃないんだぞ。ずぶ濡れんなって母ちゃんの二の舞だ」
「風邪はひきません。濡れるの好きです。ハンチも濡れてみればわかる」
「そうだな。新しいハンチングがびちょびちょになって、俺の天パが雷様よりひどくなるってことはわかるかもな」
「ハンチ雷様?」
ハンチはちょっと赤くなった。
「なんでもいいからこれさせ!ささないなら家にいろ!」
ヘビコの顔が一瞬泣きそうになった。
「わかりました。傘さします。帰ったら一人で雨浴します」
「雨浴?初めて聞いたな。まあいいや。雨浴は一人でやってくれ。ほれ早く行くぞ」

2人は傘をさし、並んで歩いた。ヘビコは傘を持ってない方の手の平を傘からだして雨にf触れていた。
「ハンチは雨に濡れるの嫌いですか?」
「好きなやつはお前くらいだ」
「私の仲間たちはみんな雨が好きです。雨の日は必ず雨浴をします。そうやって火照った体を冷まします」
ハンチは立ち止まってヘビコを見た。ヘビコも足を止めた。
「・・・ヘビコの仲間ってさ・・・」
ヘビコは首をかしげた。
「いやなんでもない」
そう言ってハンチはまた歩き始めた。ヘビコもハンチの後を追った。

しばらくしてハンチがまた口を開いた。
「そういえばお前初めて会った時自分を踏んだ奴を見つけてなんやかやって言ってたよな」
「はい。私を踏んだ人を見つけないと私は私の世界に帰れません」
「お前の世界ってなんなんだ?」
「私が生まれたところです。私が自分の姿でいられるところです」
それをヘビコの故郷であるとハンチは受け取った。そして『自分の姿でいられる』という言葉の意味を『自分が自分らしくいられる』とい意味で捉えた。
「お前まだ自分をふんづけたやつ探してるのか?」
ヘビコはそれまで雨粒に向けていた視線をハンチの背中に移した。
「お前やっぱ帰りたいんか?」

つづく

<今日の食事>
月の庵より
●じゃこと水菜の京風サラダ
IMGP1112.JPG
●蟹とアボカドのタルタルソース
IMGP1114.JPG
●豆腐とペンネの白味噌カルボナーラ
IMGP1113.JPG
●蟹チャーハン
●生オレンジ&レモンサワー
●グラス赤ワイン
●ヴィータ・ローザ(薔薇焼酎 ロック)
●白髭(ごぼう焼酎 ロック)
<今日の本>
「ハルカ・エイティ」姫野カオルコ
posted by pikkumyy at 21:25| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
春がそこまでやってきた!と思ったら5マス戻るみたいな冷たい雨の弥生初日、皆様いかがお過ごしですか?春きのこ達も出しかけた頭出せずにうずうずしていることでしょう。
初めて飲んだ薔薇焼酎が感動的な美味しさ芳しさで、きのこ焼酎もないかと探してみましたがないようですね。茸祭りによいかと思ったのですが残念。
Posted by 紅茸子 at 2006年03月01日 21:41
紅茸子さん

ねぇ、茸の張子の大きっいのつくって、囲んで飲みましょうよ。
http://www.suehiroyu.co.jp/syoueikaihp/kanamara-goriya.html

こんなふうなお祭、おおらかにぃ。
Posted by 人妻コメット at 2006年03月01日 21:51
紅茸子さん

こんなかじ?
http://f43.aaa.livedoor.jp/~wasinton/tagata.html
Posted by 秘薬調剤薬房 at 2006年03月01日 21:52
紅茸子さん

紅天に相応しい奇祭ならこのへんを参考にもっと面白い祭にしましょう!!

鍋冠り祭り 滋賀県・筑摩神社 5・3 交わった男の数だけ鍋かぶる
化けもの祭り 山形県・鶴岡天満宮 5・24 顔を隠して酒を振る舞う
くらやみ祭り 宇治市・県神社 6・5 ワイセツも許す?無礼講の神
蛙とび 奈良県・金峯山寺 7・7 蛙を法力で人間に戻す

Posted by 考古堂 at 2006年03月01日 21:54
紅茸子さん

すっかり紅天春めいてきましたね、季節を感じるわぁ。とってもすてきな奇祭もいいけど、パラシュート妖怪きのこもかわいいぃ。みんな集まって飲めや、歌えや、食べろや、踊れや、謎解きありならとっても楽しいと思う。
Posted by 舞茸 at 2006年03月01日 21:59
紅茸子さん

私も参加させてくださいな。桜満開の紅天すてき。私も飲むわよ、お祭大好きだもん。
Posted by 伊良子 at 2006年03月01日 22:01
皆さんコメットさん色が強くなってきたような・・・秘薬調剤薬房さんまでのってくるとは!!
蛙を法力で人間に戻すって興味深いですね。祭りには蛇子やハンチも参加してくれますかね。その前に祭りはいったいどこで開催されるのですか?やっぱ紅天でしょうか?そしたらお二方に許可取らねばなりませんね。
Posted by 紅茸子 at 2006年03月01日 22:04
紅茸子さん

きのこ祭、屋台も出しましょう。もちろん参加。茸神輿かつぎますよ。血が騒ぎます。
Posted by フォーレ at 2006年03月01日 22:05
紅茸子さん

参加の反対の反対!面白くなさそうの反対の反対の反対!
Posted by 本の虫 at 2006年03月01日 22:06
ええ、ええみんなで盛り上がりましょう!大人数となるとやっぱ紅天は無理かしら。誰か紅天仲間でお屋敷住まいの方いらっしゃいませんか?
Posted by 紅茸子 at 2006年03月01日 22:08
紅茸子さん

場所はもちろん、茸子さんっちだろ!呼んでくれるっていったじゃん。みんなそれも楽しみにしてんだぜ。

Posted by ひょうたんから駒 at 2006年03月01日 22:09
紅茸子さん

茸子さんのお宅楽しみにしてますぞ。新ねたも仕入れてきてますから祭までに整理してみなさんにご披露しますのでそれも楽しみしてくだされ。

Posted by 湖南 at 2006年03月01日 22:13
屋台も出すということは屋外ですか!!
ということはきのこ寺しかありませんね。乱馬が修行に行ったという。きのこ和尚に祭りの許可取ってみますよ。
Posted by 紅茸子 at 2006年03月01日 22:15
いやいやいやいや、うち屋台出せる敷地ありませんから。いつか単なるホームパーティーに使ってくださいな。今回はきのこ寺ということでよろしくお願いします。
Posted by 紅茸子 at 2006年03月01日 22:17
紅茸子さん

えぇ?それじゃ朝まで騒いでみんなで雑魚寝っていうお祭の定番ができないぜ。もっとも、きのこ寺の境内って手もあるか、きのこ寺そのへん大丈夫?
Posted by ひょうたんから駒 at 2006年03月02日 06:15
紅茸子さん

茸子さんのお宅だってこの「てぶくろ」のようにみんなが集まって来ても、きっと大丈夫。
だってそこが茸子さんの家なんですよ!不思議な茸さんの。
http://page.freett.com/kuroo/juvenile/tebukuro.htm
Posted by O・レター at 2006年03月02日 06:33
紅茸子様、紅天の皆様

新参者ですがよろしくお願いいたします。パイナップルマンさんのご紹介ではじめて紅天に来ました。緊張しています。でもお店、いっぺんに大好きになりました。それにみなさんのお祭にかけるパワーの凄さに感動してます。そこであつかましいと思ったのですが、私も提案させていただきます。
企画名は、いっせのせで「きのこいただきま〜す!」祭’06です。
そしてその時、いただく茸はこれです。
http://ranma.seesaa.net/article/6781426.html

だめでしょうか?????
Posted by アンマン at 2006年03月02日 22:20
きのこ寺の茸和尚はなんでもありの人なんで屋台、雑魚寝エトセトラOkです。きのこ寺にはこまし茸もはえています。大きな鍋でこまし茸汁を作りましょう!誰に惚れても文句言いっこなしで。

O・レター様

わー懐かしい「てぶくろ」!この絵本大好きでした。三月と言ってもまだまだ寒いし、動物たちにはまだあの手袋が必要ですね。
Posted by 紅茸子 at 2006年03月03日 05:30
紅茸子さん

懐かしんでもらえて嬉しいです。動物たちもそうですが、私達紅天仲間も茸子さんの手袋が必要なんですよ。ところで茸祭はいつですか?

Posted by O・レター at 2006年03月03日 23:47
紅茸子様

早速「こまし茸」案採用していただき感謝です。茸子さんがいっぺんに大好きになってしまいました。茸子さんのこと、そっと盗み見しているんですけど、いつも「きれいだなぁ」「一度話がしたいなぁ」「一緒に飲めたらなぁ」って思ってたんです。茸祭でそれがかないそうでとってもうれしいです。それに、茸子さんなんかあったかく感じるんですよね。こまし茸食べて欲しいな。いつやります?こまし鍋の茸祭。
Posted by アンマン at 2006年03月03日 23:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13995529

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。