2006年01月29日

つづき

蛇子のつぶやきはまるで呪文のようだった。
「ロバノミミロバノミミロバノミミ・・・」
蛇子はひたすら繰り返す。
と、今度は雪子さんに視線を移し同じことをつぶやき始めた。
雪子さんはゆっくり顔をあげしばらく蛇子と見つめ合っていた。
雪子さんの表情が曇った。それは怪訝というよりむしろ怯えに近い気がした。あんな表情の雪子さんを始めて見た。

雪子さんと蛇子と私の間に不穏な空気が流れ始めていた。とその時店のドアが開き、新しい客が入ってきた。私達はその場の空気から逃れるようにそちらに目をやった。見ると老人が2人入り口に立っていた。明らかに双子だ。
猪吉さんの「いらっしゃいませ」という声が蛇子の呪文を消してくれた。

「申し訳ございません。ただいま混みあっておりますのでもしよろしければそちらで    お待ち下さい」
と猪吉さんは入り口横に置かれている低いスツールに手の平を向けた。
双子はそれが聞こえたのか聞こえなかったのか、片割れが猪吉さんと雪子さんを指差してこんなことを言った。
「おや、あんたらも双子かい。いやー奇遇奇遇。まさか同じ双子が営む店だったとは!」
店内にいた全員がそれまでとっていた行動を中断し、双子とカウンターの中の2人を見比べた。食事の音、雪子さんが料理をする音、猪吉さんがグラスに酒を注ぐ音、本をめくる音、それまで私達が立てていた全ての音がやんだ。その時初めて店に流れている曲がジェーン・バーキンの「ジュテーム・モア・ノン・プリュ」であることに気付いた。

雪子さんの顔が青ざめていた。
突然猪吉さんが笑い始めた。「私達双子に見えますか?」
双子「どうみても双子じゃあないか。ふむ、歳が離れた双子か。珍しいのお」
双子は真面目くさった顔でそんなことを言った。
猪吉さんはさらに大声で笑った。客たちも双子の冗談だったのかと安心し猪吉さんの笑いに乗じた。しかし私は笑えなかった。なぜならあの双子は「ラビット病」の登場人物だったからだ。あの物語にも今のようなエピソードが書かれていた。

私は雪子さんに目をやった。彼女も笑っていなかった。さっきより顔色が悪い。大丈夫かと声をかけようとした時蛇子がスツールからおりて立ち上がった。
「オウサマノミミハロバノミミ」彼女は雪子さんに向かってそう言った。いまだ笑っているほかの人たちに、その声は聞こえなかっただろう。蛇子はカウンターにお金を置いてそのまま店を出て行った。




posted by pikkumyy at 14:14| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
絵はがき坂様

身をよじる耳、いじらしくてかわいい。そんなことされたら食べれなくなっちゃいますよ。
ソムリエお墨付きの赤ワインに合う耳!?これは試さねばなりません!
Posted by 紅茸子 at 2006年01月29日 14:18
紅茸子さん

何故怯えていたかって?
そんなの簡単だ。雪子さんは人一倍、お客の欲している料理、お酒、本に気を使っているのは茸子さんがよく知ってんだろう。

「オウサマノミミハロバノミミ」

彼女には「老婆の餃子」「王様の餃子は老婆の餃子」が食べたいって聞こえていたんだよ。
蛇子が食べたがってる王様の餃子、老婆の餃子って何なのか、言葉の意味が理解できない恐怖とあせりを感じていたのさ。
蛇子は「「餃子の王将」で老婆が食べていいた餃子を私も食べたい」って言っていただけなんだろうけど、あいつ舌が先天的に先端が割れていて言語障害を起こしてんからな、お頭も少し悪そうだし、ああいう表現になっちまったって訳。
それにしても茸子さんの紅天物語推理編、楽しませてもらってる。いい線いってんじゃなか、意外とさ。湖南さんの推理もあたらずとも遠からずって感じもするし、まっ蛇子の分も頭使ってやってくれ。
Posted by ひょうたんから駒 at 2006年01月29日 21:43
紅茸子さん

雪子さんって、何故かジェーン・バーキンとダブりません?そんなことかねがね思ってたんだけど茸子さん、その時感じなかったかしら?

http://www.mai-market.com/barkin.html

Posted by 伊良子 at 2006年01月29日 22:19
紅茸子さん、ひょうたんから駒さん


蛇子は「ロバノミミロバノミミロバノミミ・・・」って言ってたんでしょう?
それって、「ローバー美々、ローバー美々」って言ってたんだと思う。雪子さんがロバの耳そうじに出ていたあのローバー美々に似ているっていう意味か、ひょっとして雪子さんがローバー美々ってことなのかしら。彼女、モロ出し事件の後いなくなっちゃたのよね。その後の消息も謎だし、ひょっとしてひょっとしてよ。だから雪子さん顔面蒼白になっていたんじゃないかしら、どう思う茸子さん?

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%ED%A1%BC%A5%D0%A1%BC%C8%FE%A1%B9?kid=43705

Posted by 舞茸 at 2006年01月29日 22:35
紅茸子さん

愛媛の県立とべ動物園で驢馬を見つけました。何かお役に立てますか?

http://www.tobezoo.com/animal/book/animals/index.htm

Posted by O・レター at 2006年01月30日 20:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12448959

この記事へのトラックバック

エコライフ
Excerpt: あのね!!あのね!!家の前で一匹の白いネコを見つけた。まだ子供なのだろう、私を見つけると「ナーモ、ナーモ」ときだした。
Weblog: エコライフ
Tracked: 2006-01-29 14:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。