2006年01月19日

月の宴

紅茸子様

私も同じようなことを考えたことがあります。
私が夢を夢としか認識できないように、夢の中の自分はこちら側の世界のことを夢であ
ると認識しているのかもしれないと。どちらの自分も現実ではないだろうかと。

それとも逆に自分が非現実なのでしょうか。
現実の自分が私の夢を見ていて、私はその登場人物にすぎないかもしれない。
だけど物語の登場人物が自分が実は物語りの登場人物であることを知らないように、私も与えられた筋書きを歩んでいるだけなのに、自分の頭で考え行動していると疑いを抱かず、自分が生きているこの世界こそが本物であると思い込んでいるだけかもしれない。

疑い出したらきりないですね。何が本物で何が偽物なのか、何が現実で何が非現実なのか。
私たちは明確な答えを導き出すことはできないでしょう。

そういえば茸子さんが読んだ「桜雨」にこんな一節がありましたね。
「目に見えてないものが現実でないと言えるかい。人の心は目に見えない。だけどそれが非現実だといえるかい」
ご存知でしたか?
紅茸天狗は見える人と見えない人がいるんですよ。
それなら私たちがここで過ごしているこの時間はいったいなんなのでしょう。
私たちは現実にここで酒を飲み、食事をし、読書し、筆をはしらせている。
しかしこの店が見えない人たちから言わせればそんな時間は非現実なのです。
そしてこの現実ではない店にいるわたし達の存在すらも彼らは非現実と認識しているのです。

天狗男

<今日の食事>
●手づくり吟醸豆富
●有機水菜とベーコンのアメリカンシ−ザ−サラダ
●チ−ズベ−コン巻炭火炙り焼
●ぼたん鍋
<今日の本>
「春の夢」宮本輝
posted by pikkumyy at 20:35| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人妻コメット様

愛媛からかけおち上京。まさに私の祖父。

O・レター様 絵はがき坂様

間違えてしまいましたごめんなさーい!
Posted by 紅茸子 at 2006年01月19日 20:39
紅茸子さん


「桜雨」は彩子さんがとげ抜き地蔵の巣鴨に引っ越すところからはじまるんでしたね。

「目に見えてないものが現実でないと言えるかい。人の心は目に見えない。だけどそれが非現実だといえるかい」
心の眼で見ること、感じること大切なことですね。こうして茸子さんたちとお目にかからなくても通じ合う、感じ合う、時間と空間を超えた紅天があればこそだと思います。

春の夢の一節から
「人生が五十センチの長さのもんやとしたら、男と女のことなんて、たったの一センチくらいのもんやで。そやけど、その一センチがないと五十センチにはなりよれへん」(輝ちゃん節顕在)
紅天の一センチを大切にしたいと思います。
Posted by 考古堂 at 2006年01月19日 21:36
坂東真砂子の「13のエロチカ」「善魂宿」などを読むと血の巡りが良くなるんですけど、彼女の顔写真を見ると血の巡りがとっても悪くなるんです。男性のみなさんには著者の写真を雪子さんに替えて読むことをお勧めします。
Posted by 本の虫 at 2006年01月19日 21:43
本の虫さん

だからぁ、はっきりいいなさいよ〜。
「あれじゃ男の顔が立たないっ」ってさぁ。
もったいつけて変なこと想像させんじゃないのぉ。おばかちゃん。
Posted by 人妻コメット at 2006年01月19日 21:51
それにしても、「善魂宿」の背表紙見るとといつも善を男って読んじゃう私ってやっぱり変?ねぇ茸子さん!!
Posted by 人妻コメット at 2006年01月19日 21:56
紅茸子さん

夢についてひとこと。頭にこびりついた観念やこりかたまった考えにとらわれずに夢をもって行動してみましょう。気づいたことをやってみましょう。そうすれば、新しいことの出会い、それが私たちの生き方、働き方、紅天のパラレルワールドや楽しみに役立つのではないでしょうか。
Posted by フォーレ at 2006年01月19日 22:08
紅茸子さん

なんだかよくわかんねぇけど、要は「信じるものは救われる」ってことだろう。俺には茸子さんが見えてんだぜ。知ってた?けっこうかわいいもんなあんた。舞茸さんといい勝負してる。
かわいくないのはハンチングマンだ。下手なうたうたいやがって、人様の迷惑ってもん考えてねぇんだもんな。困ったもんだよ全く。
Posted by ひょうたんから駒 at 2006年01月19日 22:16
紅茸子さん

やっぱりあなたの血には愛媛の熱い血が流れているのねぇ。だからあなたとわたし話が合うのよぉ。私のはね、三ケ日みかんの血。ちょっと違うのは三ケ日のかけおちじゃなくて、夜逃げだったことくらいかな。
Posted by 人妻コメット at 2006年01月19日 22:54
疑念は不幸のはじまり。信じるものは救われる。その通りですね。ひょうたんいから駒さん。
あら、いつの間に見られていたのかしら私。でもよく私だとわかりましたね。舞茸さんのこともご存知だったとは。
Posted by at 2006年01月20日 06:03
紅茸子さん                                           何でわかるかって?わかんないやつの方がにぶいか、よっぽどの変わりもんだ。茸子さんお薦めのワインで取引にのってもいいぜ。
Posted by ひょうたんから駒 at 2006年01月20日 08:16
紅茸子さん

とてもすてきなあなたを見分けられない人はいませんよ。
みんなの視線を熱く感じませんか?
Posted by O・レター at 2006年01月20日 22:30
紅茸子さん

私は天狗舞一本かけてもいいけど(笑)
Posted by 舞茸 at 2006年01月20日 22:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。