2006年01月08日

SOL AMIGO

昨晩の天狗男さんからの返事

「紅茸子様

アイスクリームの自分を受け入れられないのですね。
でもあなたは自分がアイスクリームだということをわかってるじゃないですか。
好きか嫌いかは別として、自分が何者であるか冷静に理解できるということが重要なのです。
理解したうえで変わりたいと思うのであれば変わる努力をすればいい。
でも茸子さん、人間生まれた時から持ってる器の大きさがあります。
その器からはみ出した願望を持った時、人は悩んだり不安になったりして心の均衡を失うのだと思います。
アイスクリームからチーズくらいならどうってことないと思いますが、ベイクドチーズケーキまでいくときついかもしれませんよ。
スヴニールママンの遊牧民のチーズケーキがうまいんですこれが。
絶品絶品。

話それました。すみません。
自分がどれくらいの人物になれるかというのは自分が一番よく知ってるはず。
きつくて苦しかったり違和感ある時ははみ出してるということです。
逆に茸子さんがアイスクリームな自分に物足りなさを感じてるなら、まだ許容量に達してないということだと思います。
自分の気持ちをまめに確認して、満足できる自分に近づけるといいですね。
ベイクドまで達したらお知らせ下さい。
遊牧民のチーズケーキをごちそうします。

<今日の食事>
池袋 SOL AMIGOより
●豆のエンチラダス
 (じっくり煮込んだ豆をトルティーヤで包んだ料理)
●メキシカンピザ
●タコボール(メキシカンライスに味つけした肉をまぶして、
       中にチーズを詰めてフライにしたもの)
●タコス
●チョリソ
●レモンサワー
●梅酒ロック
●カンパリグレープフルーツ
●グラス赤ワイン(メキシコ・カヴェルネ)

<今日の本>
「悪童日記」アゴタ・クリストフ」
posted by pikkumyy at 13:30| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紅茸子様

天狗男さんて結構良いこといいますね。それこそ、なにやってる方なんでしょうか。器が決まっているとするとツライですけど、器をいっぱいにしできることはこれまた無限に近いくらい難しいらしいです。紅茸子さんのレポートを拝読している限りではあなたはとても素敵な方のようだ。あなたの器にはまだまだいっぱい希望も未来も入る気がします。
Posted by フォーレ at 2006年01月08日 14:51
湖南様

そこなんですよね。誰かの過去をあばいてしまうというのは蜜をなめるか蜂を噛むかといったところでしょうか。
紅天仲間の秘密は秘密のままであってほしいと思うのですが、女店主に関しては色々不振な動きを知ってしまったので好奇心が勝っています。
でも好奇心だけではなく、紅茸天狗をつくり上げていただいた人としてその過去を知りたいというのも事実です。
彼女を追い詰めない程度に私達独自で探っていくというのはだめですか?
皆さんいかがでしょう?

舞茸様

おつかいであんなきのこをまめ買いするはずありません。あれはむしろきのこの福袋と考えた方がいいかもしれません。
店できのこ料理を出すのかと考えたりもしましたが、不思議なことに紅天できのこ料理食べたことないんです。
しかもきのこの福袋なんて相当レアですよね。元旦八百屋やってないだろうし。
私も検討つきません。

ひょうたんから駒様

私もとてもおしゃれな人を紅天で見かけます。彼女本当にモデルさんじゃないかな。何かの雑誌で見かけたような気がするんです。もう一人かっこいい女性がいるのですが、彼女は「デザイナー」(一条ゆかり)のアミそっくり。真似てんんだと思いますが。私は普通のOLだから皆様の目に止まることもないかもしれませんんね。

絵はがき坂様

パーマン3号ってすみれちゃんですよね?
私どっちかというとパーマンの妹ガンコに似てます。チョコレートさんの好みからは外れちゃうかも。でも気になるんで紅天連れてきてください。
いつか紅天で見かけていいなと思うかもしれませんよ。それがご縁でお近づきってことも多いにありうるし。

フォーレ様

ありがとうございます。
目指すは器ひたひた。
皆様の器も希望と幸せで満ち溢れますように。
Posted by 紅茸子 at 2006年01月08日 22:17
紅茸子さん

私は謎の男を追うよりも、紅天仲間のあなたの謎を追いたいですな。なにせあなたのほうがきっと血が通っている気がしておりますもので。
それとあなたの提案も良いご提案だ。
女店主の過去は知りたいところ、何せ私達の恩人を知るということは重要。ご提案に賛成です。
Posted by ペリカン at 2006年01月08日 22:29
紅茸子様

賛成ですな。それにしても茸子さんの「誰かの過去をあばいてしまうというのは蜜をなめるか蜂を噛む」は名言ですぞ。それに仕事柄、好奇心が勝っている人ほど知的というのも知っておる。あなたはきっと知的で美しい。(おせいじも少し)
店主とバーテンの関係も謎だし、この際茸子さんの言うとおり、二人を追い詰めない程度に私達独自で探っていくことにしましょう。
Posted by 湖南 at 2006年01月08日 22:36
紅茸子さん

俺も賛成。でもさ、普通のOLだから目にとまらないってのはパーマン3号みたいでさ、ほんとうはタレントだったりして。怪しい。ペリカンさんの言うとおり紅茸子さんの謎も探っちゃおうか、どうみんな?
Posted by ひょうたんから駒 at 2006年01月08日 22:41
ひょたんから駒さん

私あなたの提案に乗っちゃおぉ。前から言っているけどこの店の名前から不思議なのよ、茸に天狗でしょう。変。紅茸子さんもどこか謎だし、「二人で」謎探りましょうよ。
Posted by 人妻コメット at 2006年01月08日 22:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11455382

この記事へのトラックバック


Excerpt: カンパリカンパリ(Campari)は酒の一種。リキュールに分類される。色は赤く、苦みがあって甘い。イタリアのトリノでバーテンダーをしていたガスパーレ・カンパリ氏(Gaspare Campari)が開発..
Weblog: ソムリエがごとくワインを愉しむ
Tracked: 2007-10-02 11:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。