2006年01月07日

わらじ

天狗男様

ご気分はいかがですか?
紅茸天狗のα波でリフレッシュされたことを願います。

必要以上にストイックになる必要ないと思いますが、私は何も決まり事がないととろりとろり溶けていくアイスクリーム人間です。
それでもかろうじて固体であることを保っているのは液体にもなりきれないからです。
溶けきってしまうことが恐いからです。

こうやってうじうじしてるとまた溶けていきそうです。
なんだか今日は酔ったみたいです。
そういえばいつもより酒量が多かったような・・・。
私は質問魔です。天狗男さんに質問ばかりします。
何も知らないからしょうがないのです。すみません。

私はどうしてもアイスクリームの自分を受容できません。
どうすればいいのですか?
せめて融点が高いチーズになりたいです。
そうだ今年はせめてチーズになろう。

茸子

<今日の食事>
炭火ダイニング わらじより
●たらもマヨネーズ和え
●スパイスパスタ
●シーザースサラダ
IMGP1041.JPG
●卵の長ピザ
IMGP1042.JPG
●枝豆
●ボトル赤ワイン(ヴィニャラール)
<今日の本>
「愛と資本主義」中村うさぎ

posted by pikkumyy at 08:06| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
考古堂様

紅天なら「果てしない物語」のあの少年のような体験ができるかもしれませんね。
私もいつかトリップできるかしら。
今読んでる「愛と資本主義」にトリップしても困るので、その時は「くまのプーさん」かリンドグレーンでも読んでるようにします。

伊良子様

あなたの「哀」はなんですか?

ひょうたんから駒様

あなたにそこまで言われると記憶が不透明になってきました。
暗示にかかりやすいたいしつみたいです。
もしかしたらあなたの見た男と私が見た男が違うという可能性もあります。
あの人また店に来そうな気がします。
女店主の態度も気になります。
あなたがその男を見たときは彼女はどんな風でしたか?
Posted by 紅茸子 at 2006年01月07日 08:27
紅茸子様

川上さんの例の本にこんな一節が。
「月を見るたびに、「近づいてきた」という一節と、月の表面が溶けたチーズのようにたれながらこちらにくっついてきたあの日のことを、思い出す。」
月を見るたびに紅茸子さんを思い出しましょう。
Posted by 考古堂 at 2006年01月07日 10:29
なんだな、むかし中曽根さんってじい様が民主党をアイスクリームってわけのわかんねぇこといっとた。茸子さんの話読んで、「ああこのことかぁ」って分かった。溶けて流れて、はいおしまいってことっつうことだな。
Posted by 不知火の仁五郎 at 2006年01月07日 10:34
紅茸子さん

トリップしても、ホストはだぁめぇ。
ほんとうにアイスクリームみたいになっちゃうんだから。
Posted by 人妻コメット at 2006年01月07日 10:39
紅茸子さん

はじめてのお便りね。
あなたが昨日いただいた、パスタに枝豆に赤ワイン。
この組み合わせ、紅天の妙技だわ。
あなたのレポートおいしゅうございました。


Posted by 岸夕子 at 2006年01月07日 10:54
紅茸子さん

そんときの女店主かぁ。どんな感じだったかなぁ。思い出せったてねぇ。おお、そういやぁ、なんかほらよくあんだろう。ドラマで小料理店の女将んとこに昔の亭主が突然戻ってきた時みたいな、お互いが分かってんだけど知らんふりしているみたいな、ぎこちななくてさぁ、それにやけにバーテンを気にしてたな。んん、そんな感じだったような気がする。
女店主って神秘的だもんな。謎女。あんたなんか知ってる?
Posted by ひょうたんから駒 at 2006年01月07日 11:04
紅茸子さん

私も見たわ、やっぱりあの人よ。昨日も来てた、すれ違いね。ハンチングいろいろ持ってるみたい。なで肩だったわ。
それに昨日はコートの中からそっと紙袋だして女店主に渡しているのも見たわ。女店主溶けそうな目だけでお礼いってた。
でも変なのはその紙袋。見えたの、ちらっとね。「福袋」って書いてあったのよ。変だと思わない?だから覚えてたの。
Posted by 舞茸 at 2006年01月07日 11:19
不知火の仁五郎様

あれは民主党でなくて日本新党ですぞ。
Posted by 本の虫 at 2006年01月07日 11:21
本の虫さん、今年もあんた堅いねぇ。どうでもいいんだよそんなこと。
Posted by ひょうたんから駒 at 2006年01月07日 11:22
ひょうたんから駒様 舞茸様

ハンチング男結構目撃されてるのですね。
でも私が見たときは女店主明らかに彼から逃げてました。
それなのに福袋を男の手から受け取ったなんて。
今度紅天行ったら女店主に話しかけてみようと思います。
実はまだ一回も口聞いたことがないんですよ。

人妻コメット様

「愛と資本主義」のホストは女に誠意を尽くすなかなか良い青年でしたよ。
一晩100万使ってしまう女の気持ちがわかりました。
どこぞの財閥にでも嫁いだら、一回くらい行ってみようと思います。
それまでは紅天通って慎ましやかに暮らします。
Posted by 紅茸子 at 2006年01月07日 20:06
絵はがき坂様

チョコレートさん、クッキーさんいたら紹介してください。
今日食べたハーゲンダッツのアップルパイアイスクリームもなかなかいけました。
アップルパイさんもいたらよろしくお願いします。
Posted by 紅茸子 at 2006年01月07日 20:14
紅茸子様

私をお探し?
Posted by アップルパイ at 2006年01月07日 20:47
紅茸子さん

チョコレートさん知ってますよ。
でも、その前に茸子さんの好み聞いておいたほうがよさそうだ。是非教えてくださいな。
Posted by 絵はがき坂 at 2006年01月07日 20:53
紅茸子さん

だから、カンがあたってりゃ、女店主の元亭主か元彼だよ。訳ありにきまってる。女店主すっごく魅力的だもんな。焼けちゃうな。福袋の謎を解く鍵はその中身だ。ひょとして女店主の名前お福様なんていったりして。冗談冗談。
Posted by ひょうたんから駒 at 2006年01月07日 21:00
紅茸子様

女店主もそうだが、あなたも謎だ。
プロフィールを少しご紹介願えんだろうか。
Posted by ペリカン at 2006年01月07日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。