2005年12月31日

オリジナル

天狗男様

素晴らしい格言の数々ありがとうございました。
私達の概念にある「幸福」というものは、もしかしたら氷山の一角かもしれませんね。
あなたの言うように幸福は、孤独、悲しみ、苦しみ、そういったネガティブなものも包括するのかもしれません。
そういう体験なくして成立しないものかもしれません。

「片想い」読み終わりましたか?
私は数年前に読みました。
「メビウスの帯」のくだり覚えてますか?
天狗男さんの格言を読んで急に思い出しました。
「幸福」と「不幸」、「喜び」と「悲しみ」そういった対の関係にあるものほとんどが、あのメビウスの帯に当てはまるような気がします。
それらはどちらか一方では存在しえないと思うのです。
喜びは悲しみの始まりであり、悲しみは喜びの始まりでもある。
私達はただ、その流れに心を預けてればいいだけなのかもしれません。
ポジティブな感情も、ネガティブな感情も、全てそのまま受け入れればいい。
悲しい時に焦って幸せを探さなくていい。
そんなことしなくてもいつかは幸せな場所に流れ着くのだから。

皆様良いお年を

<今日のメニュー>
今日は店の正月休み突入前日ということで紅茸天狗オリジナル料理でした(嬉)
●ポキ(ワカメ、メカブ、マグロ、玉ねぎをしょう油とごま油で味付けしたハワイ風サラダ)
●パイ生地の塩こしょう焼き
IMGP1037.JPG
●豆とズッキーニのメキシカンカレー
●フランスパン(トリュフオリーブオイルディップ付き)
IMGP1038.JPG
●林檎パイ
丑餅拱濂
●ゴーティエ・ラランド(ボルドー赤 デキャンタ)
●ベイリーズミルク
●コーヒー
<今日の本>
「彼等」 長野まゆみ


posted by pikkumyy at 15:11| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紅茸天狗様
今年もありがとうございました。この店のおかげでいろいろな出会いを経験させていただきました。こうしてノートに書きこんでいる自分がいる不思議を感じます。紅茸子さん、ノートの書きこみでしかお会いできませんが、あなたとこうして出会った奇跡に感謝です。あなたの孤独はこの店の懐に抱かれて癒されんことを祈ります。そしてもっとこの店での私達のいろいろな(料理やお酒や本や仲間達や)出会いを幸せなものにしてください。来年もよろしくお願いします。ではよいお年を。
Posted by 0・レター at 2005年12月31日 21:18
aHappyNewYear 2006
紅天、皆様のとって幸多き年となられますようにお祈りします。
Posted by 舞茸 at 2006年01月01日 11:15
明けましておめでとう
ことしも通うぞ紅天。今年もヨロシク!
Posted by ひょうたんから駒 at 2006年01月01日 11:16
初春のお慶びを申し上げます
皆様のご健勝とご多幸を祈念いたします
平成十八年元旦
Posted by 考古堂 at 2006年01月01日 11:19
新年あけましておめでとうございます
紅天ファンの皆さん今年もどうぞ宜しくお願いします
今年はどんな出会いが待ってるかな
Posted by 雫 at 2006年01月01日 11:21
謹賀新年
紅茸天狗なんと不思議な店名
今年こそそこが知りたい
皆さんにとってよい年になられますように
またお会いしましょう
Posted by 不知火の仁五郎 at 2006年01月01日 11:23
あけましておめでとうございます
お手玉、けん玉、お年玉
やっぱり玉はいいわぁ
ことしもヨロシクね
Posted by 人妻コメット at 2006年01月01日 11:25
新年明けましておめでとうございます
元旦の花と花言葉は松で不老長寿と向上心
紅天の祝膳には松葉とゆずり葉が載せてありました
皆様のご多幸をお祈り申し上げます
Posted by 巡礼子 at 2006年01月01日 11:30
慶賀
紅天に足を一歩踏み入れて
何が何で何とやら
何の時は何で
何が何だかわからない
人生万歳!!!
Posted by 本の虫 at 2006年01月01日 11:35
新春を寿ぎ謹んでお慶び申し上げます

春はすぐそこに
紅天で春の息吹を
微力ながら調剤お手伝い
皆様のご健康作ってさしあげます
Posted by 秘薬調剤薬房 at 2006年01月01日 11:39
A HAPPY NEW YEAR!

神のご加護を
そっと皆様のそばに
Posted by 隠れキリシタン at 2006年01月01日 11:42
あけましておめでとう

2006年も良い年でありますように
感動と喜びと幸せがありますように
Posted by 0・レター at 2006年01月01日 11:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11200607

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。