2006年06月24日

クンビラ

夏至も終わり、本格的な夏が始まろうとしている。
生き物達が身を寄せ合い、お互いの熱を欲しあう密度の濃い季節はとうに過ぎているが、これから来る世間が浮き足立つ真夏はなぜか紅茸天狗には似合わない。
世間一般のちゃんこ鍋屋や、おでん屋は夏用のメニューや店内の模様替えで、夏にそぐわぬ暑苦しいイメージを払拭することに懸命になることだろう。
紅天は濃すぎる空気を残したまま、夏へと向かう人々から遠ざかっていく。
置き去りにされるのはむしろ紅天の方だけれども。

そんな淋しい季節の訪れを、外とのひずみを、誰が口にするでもなくしかし誰も感じていた昨晩の紅天。
皆言葉もなく、グラスを傾けたり、雪子さんの料理をフォークでつついたり、ずっと同じページのままの本を眺めていたり、一様にぼんやりしているようだった。
私も頬杖をついて何を考えるでもなしに壁にかかったマグリットの『心の琴線』を眺めていた。
確か先月は『恋人たち』が飾られていたような・・・マグリットは雪子さんの趣味なのだろう。
そういえばこの絵、よく見るときのこ雲にも似てる。
ふと気付くとBGMは『灰色の瞳』だった。

  なんて寂しいこの夕暮れ
  届かない思いを抱いて

  私の大事なこの笛の歌う歌を

  あなたは聴いているのだろうか

  何処かの小さな木の下で
  
  山は夕暮れ夜の闇が忍び寄る

  あなたは何処にいるのだろうか

  風の便りも今は途絶え

  あなたは何処にいるのだろうか

<今日の食事>
恵比寿 クンビラより
●豆腐パルンゴ
 (豆腐と石臼で挽いたホウレン草とネパール高地で採れる香草をやわらか  く和えたお料理)
IMGP1256.JPG
●スプリングロール(チベットの野菜春巻き)
IMGP1257.JPG
●チャウチャウ(チベットの焼きそば)
IMGP1258.JPG
●チャン
●赤ワイン(イタリア)

<今日の本>
「ニシノユキヒコの恋と冒険」川上弘美  
  


ピエール・ロワ
posted by pikkumyy at 08:21| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。