2006年06月03日

ダイニング・リー

今日は蛇々丸孵化記念パーティー。
蛇子は珍しく髪をアップにしてワンピースなど着て紅天に現れた。
腕にはフリフリの帽子をかぶった蛇々丸が抱かれている。

ハンチ「蛇々丸はさー、生まれた時から歩けんだけどよ、こいつが母親面したいがためにこんな恰好させられてるんだ。俺なんて父親の実感全然ないぜ。なんせ卵だしな。昔買ってた亀みたいなもんだ」
  これは照れ隠しなのだろうか。
  あの男が言っていたように蛇子=イルマタル節が本当だとすると蛇々丸の父親はいないことになる。
  ハンチはそのことを知っているのだろうか。
  私はこの家族に疑念を抱きつつも、パーティーを楽しむため猪吉さんにワインを注いでもらった。

客A「かっわいいわね蛇々丸君。お2人には似ていないみたいだけど」
ハンチ「でもよー、俺達を足して5で割って2かけたような面してるだろ」
客B「それはつまり赤の他人の顔ですぞ。確かに確かに。赤の他人どころか生物学的にもあなたとなんら共通する部分がないように見えますが」
ハンチ「なーに言ってんだよおお前。こいつの声聞いたか?俺の赤ん坊の時そっくりなんだぜ」
客B「ふむ。まだ聞いておりませんでした。何か喋っていただけますかな?」
蛇子「ハナシカケテ」
客B「私が?」
  蛇子うなずく
客B「えーそれでは、ああ、ああ、本日は晴天なり晴天なり・・・」
蛇々丸「本日は停電なり停電なり停電なり停電なり停電なり」
  蛇々丸がそう言うなり店内の全ての電気が消えた。何事いったい!?
客A「何々?なんかの余興なの!?」
猪吉さん「そんなの寝耳に水です」
蛇子「コレ、ジャジャマルヨ」
  電気がついた
客B「なんと!どういうことですかこれは?このお子が『停電停電』と騒いだとたん本当に停電になりましたぞ!」
雪子さん「偶然ですよ。電子レンジと洗濯機と乾燥機とドライヤーを同時に使ったらブレーカーが落ちてしまったようで」
  雪子さん、蛇々丸を睨んでいたような・・・。
私「髪も濡れていないのにドライヤーを?」
雪子さん「カーペットに水をこぼしてしまって、それを乾かしていたんですよ」
  ふーん。

  その後久々に耳が振舞われ、ロシアン餃子で私は見事当たってしまった。七色のきのこなら蛇子みたいにいいこと(?)あるかもしれないけど私がひいたのは幼虫いり餃子。そのためか気分が悪くなり早々に帰ってしまった。

<今日の食事>
新宿 餃子専科ダイニング・リーより
●トマト豆腐サラダ
トマトサラダ.jpg
●豆苗とニンニクの炒め
●エビチリ
●くらげの香味和え
●LEE餃子
●もちキムチ餃子
●いわし餃子
●赤ワインデキャンタ

<今日の本>
「森のなかの海(下)」宮本輝


posted by pikkumyy at 17:36| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。