2006年05月23日

サンサール

みんな待ちに待っているが蛇子の卵はまだ孵らない。
本当に男の子が産まれるのだろうか・・・。

私は今日猪吉さんに聞きたいことがあった。
私「あの、この前おっしゃっていた『大気の娘、処女イルマタル 
  なんちゃらかんちゃら』って、あれどういうことなんですか?」
猪吉さん「ああ、あれですか。『イルマルタル』という言葉、
  どこかで聞いたことがあると思ったんです。
  それであの時思い出しました。
  『カレワラ』というフィンランドの叙事詩はご存知でしょうか?」
  それってこの前天狗男さんがノートに書いてたやつ?
私「よくは知りませんが名前だけなら」
猪吉さん「『大気の娘、処女イルマタル。
  大海原に降り立ち、大きな風に身ごもって、七百年もの間、
  身ごもったままだった』これはカレワラの序章の出だし部分です。
  ずっと昔に読んだのですが、印象的な文章なので覚えてしまいました」
私「なぜあの男性は『イルマルタル』なんて口にしたのでしょう?(ワイン  グラスに口をつける)」
猪吉さん「私もそれが不思議でして・・・」
   雪子さんは他のお客さんとお喋りしていた。
私「あの男性はその後どうしてるかご存知ですか?」
猪吉さん「実は私、(ちらっと雪子さんの方を窺って)
  昨日彼女に内緒で病院へ行ったんです」
私「え!?」
猪吉さん「(右手人差し指を立てて口にあて)
  ところが受付で彼のことを聞いてみると、
  その患者なら昨晩病院を抜け出しました、と言われてしまいまして。
  知り合いなのかと問い詰められ、
  あやうく入院費を請求されそうになりましたよ」
私「抜け出したんですか。あの人」
猪吉さん「名前も何もかも不明だそうです」
私「でも・・・またここに来るのではないでしょうか?」
猪吉さん「私もそう思います」

アラニス・モリセットの「All I Really Want」がなりやむと同時に紅天の扉が開いた。
またあの匂いがした。夏の嵐の匂い。
そして入り口にはあの男が立っていた。

<今日の食事>
新宿 サンサールより
●バダム・ロ・バトマ・ス・サデコ
 (大豆、ピーナッツ、香菜、グリーンチリ、ニンニク、ショウガ、カインペッパー、レモン汁、塩和えた酒のツマミ)
大豆.jpg
●モモ
モモ.jpg
●グリーンサラダ
●パラーター
 (ギーという精製したバターで作ったパイとナンの間みたいなパン)
●シシカバブ
カバブ.jpg
●ダールカレー(豆のカレー)
●赤ワイン(フォー・リヴァース)

<今日の本>
●「パラレルワールド・ラブストーリー」東野圭吾
posted by pikkumyy at 21:12| Comment(10) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。