2006年05月03日

福はうち

GWの始り始まり。
普通の日も休みも関係なく紅天へ通う私。あそこは年中無休なので勿論GWも営業中。

雪子さん「もうすぐ子供の日ですから、
ちょっと気が早いけど柏餅作ったんですよ。ほら」
小ぶりな柏に包まれた白くて丸いお餅が食欲をそそる。
私「おいしそうですね。手作りの柏餅なんて食べたことありませんよ」
雪子さん「簡単に作れる牡丹餅ですらスーパーで間に合わせる時代です
からね」
猪吉さん「これ、ただの柏餅じゃありませんよ。気をつけてください」
私「え?」
雪子さん「ロシアンルーレット柏餅です。中味はこしあん、つぶあん、
味噌あん、3種類のうちどれかなんですが、
ひとつだけものすごいのがあるんですよ。うふふふふ」
私「ものすごいのって?わさびやからしでも練りこまれてるとか?」
雪子さん「それは食べてからのお楽しみです。
ただ、それに当たった人はものすごいことになります。
はいどうぞ。おひとつおとりください」
私「えーなんだろう。恐いなあ。味噌あん当たりますように当たりますよう に。えい!」
  一番左端のお餅を選んだ。
  蛇子とハンチを含めた他のお客さんにも柏餅を配り終えると
雪子さん「それじゃ皆さん、一斉にお食べください。はいどうぞ」
  かぷっ。あむあむあむ。あ、味噌あんだ!わ〜い!
私「私味噌あんでした。美味しいこの柏餅!」
客A「俺はつぶあん」
客B「僕はこしあん」
ハンチ「俺のもこしあんだ。つーこたあ・・・」
  皆蛇子に注目する。
ハンチ「お前はどうなんだ?」
  蛇子はもくもくと食べている。
  見たところ激辛を食べてる様子はない。
  しかし蛇子のことだ。もしかしたら全てに耐えうる舌を持っているかも  しれない。さきっぽ割れてるし。
蛇子「!?(咀嚼を止め口元に手をやる)」
  皆固唾を飲んで蛇子を見る。口から何か出したようだ。
蛇子「コレハナニ?」
  蛇子が摘み上げている物を皆まじまじと見つめた。
  虹色に光り輝いているその物を。
客A「なんですかそれ?恐ろしく綺麗な色ですね」
  もしかしてあれって!?
ハンチ「おい、これ・・・(怪訝な顔で雪子さんを見る)」
  雪子さんはただ微笑んでいるだけで何も言わない。ハンチもそれ以上口  を開かなかった。
  フランキンセンスとミルラのような重厚な香りがたちこめた。
  あれは、七色のきのこ?でもなぜ雪子さんが?

<今日の料理>
恵比寿 福はうちより
●温泉玉子のシーザーサラダ
IMGP1193.JPG
●鶏肉と茄子の照り焼き
IMGP1194.JPG
●鰻の玄米炒飯
IMGP1195.JPG
●だし巻き卵
●グラス赤ワイン(カヴェルネ シラーズ)
<今日の本>
「コンセント」田口ランディ


posted by pikkumyy at 09:22| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。