2006年04月15日

東方の3賢者

紅茸子様

明晩日本を発ちます。今度は南米です。
ナスカの地上絵を空から見下ろして「コンドルは飛んでいく」を口ずさむのが私の長年の夢でした。
I’d rather be a sparrow than a snail〜ってね。
カタツムリになるならむしろ雀になりたい
そうさ もしできるならもちろんそのほうがいい
釘になるならむしろハンマーになりたい
そうさもしできるならもちろんそのほうがいい

遠い海の彼方へ船出したい 去り行く白鳥のように
人は大地に縛られて世界で一番悲しい音を立てている
一番悲しい音を・・・

道になるならむしろ森になりたい
そうさもしできるならもちろんそのほうがいい
足元に大地を感じていたい
そうさもしできるならもちろんその方がいい


私たちは自分の分を超えて果てしない夢や願望を抱くものです。だからこそ悩みや心配が生じ精神や体調を壊すのです。
地上に縛られて不自由だ悲しい。自由になりたい、鳥になりたいなんだかんだ言うけれど、結局人間が落ち着くのは母なる大地。そういうことでしょうか。
雪子さんにもそれに気付かせてあげたい。そのために七色のきのこが必要なのです。ちょっと喋りすぎましたか。

そうそう七色のキノコのにおいでしたね。茸子さんはキリスト生誕時に送られた3つの贈り物についてご存知ですか?東方から来た占星学者の3人がベツレヘムで生まれたイエスの前でひざまずいて黄金、乳香(フランキンセンス)、投薬(ミルラ)の3つの贈り物を捧げたそうです。
聞くところによると七色のキノコは乳香と投薬をブレンドしたような重厚な香りがするとのこと。(乳香は偉大な医者、投薬は偉大な預言者という意味があるそうです)
ちなみに3人の占星学者はヘロデ王の命によりイエスの居所を探し当てたのですが、その後「ヘロデには何も言うな」という夢を見たので王にはイエスの場所を告げず自分達の国へ帰ったそうです。
3人.jpg

それでは行ってきます!
                          天狗男

<今日の食事>
●手づくり チーズつくね
●明太チーズマヨネーズの包み揚げ
●豆腐チャンプルー
●ピリ辛タイ風ビーフン
●赤ワイングラス
<今日の本>
「モザイク」田口ランディ


posted by pikkumyy at 07:41| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。