2006年04月06日

コンコンブル

※お知らせ

蛇子とハンチ物語が中途半端になっていますが、明らかにぱくりで著作権に関わるのではないかとお咎めを受けたので中断することにしました。

先日知人と食事をし「理想の生き方」について言い合いになった。
私「基本的な欲求以外の欲望は持たないで、心穏やかに全てを受け入れてそれに満足できる心を持つことじゃないかな」
知人「まずさ、基本的欲求ってなに?」
私「生命維持、子孫繁栄に必要最低限の欲求」
知人「でもさーそれだけの人生って楽しいの?毎日寝て食べて働いて寝て食べて働いてでしょ。なんの娯楽もない生活でしょ」
私「まあそうだけど、なんの欲望もなければ娯楽が欲しいとも思わないでしょ。そういう求める心が不幸の源なんだよ」
知人「それじゃあそんな人がいたとして、美味しい食べ物にめぐり会っちゃったら?その食べ物はなかなか食べることができなくて、その人は毎日残飯みたいな食事にしかありつけないとしたら?それでも残飯に満足できの?」
私「そうだよ。まずいものでもなんでも食べれるだけありがたいと思うはずだよ」
知人「そのまずいってどうなの?まずいけどしょうがないと思ってたべるわけでしょ?それって諦めじゃない」
私「しょうがないじゃなくって、まずくてもそれを受け入れるってことだよ」
知人「まずいって感じる時点で欲望があるじゃん」
私「は?まずいって感じるのは人間ならしょうがないことでしょ」
知人「全てに満足するならまずいってことすら感じないはずだよ」
私「あのー、人間には味覚というものが備わっていて、それは生まれつきのものだよね?自動的に働いてしまうんだからおいしい、おいしくないを感じるのはしょうがないことでしょ」
知人「そんなのおかしいよ」
私「なにが?私は欲望の話をしているんであって、感覚の話はしてないんだけど。それら別物じゃない」
知人「納得いかないって」
私「何に納得いかないの?私は快不快、うまいまずい、気持ちいい痛いを感じる感覚は持った上で、そのマイナスの感覚にも動じない常に平穏な心を持ちたいと言ってるだけじゃない」
知人「それじゃなんであんたこういう美味しいもの食べてるの?なんで買い物とかすんの?」
私「だー!だから今は理想論を語ってるんでしょうが!今の私がそういう人間だとは言ってないよ!」
知人「とにかく納得いかない」

とまあこのように平行線をたどるばかり。あまりにも険悪な雰囲気になりそうだったのでその議論はそこで切り上げた。
討論は難しい。基本的概念があまりにもかけ離れた人とは会話が成立しない。
私の中で欲望と感覚は絶対に交わることはない。でも人によっては同じものだと捉えている。それひとつだけでも学習できたので討論した甲斐はあったようだ。

<今日の食事>
渋谷 コンコンブルより
●前菜盛り合わせ(豚肉のリエット、さわら、ピクルスetc.)
IMGP1148.JPG
●スズキのウィーン風グラタン
IMGP1149.JPG
●きゅうりのシャーベト
●スペアリブのグリエ
IMGP1150.JPG
●バニラアイスとショコラムース
IMGP1151.JPG
●カクテル・メゾン(アルマデンの白とフランボワーズを割ったもの)
●グラスワイン赤(アルマデン)
●バーベナとミントのハーブティー
<今日の本>
「わたしたちが好きだったこと」宮本輝
posted by pikkumyy at 20:22| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。