2006年03月11日

茸祭レポート

茸祭当日

料理を作らなくてはいけなかったので、私と岸夕子さんは10:00にはきのこ寺に到着していた。
私が顔を知っている紅天仲間は蛇子とハンチ以外は人妻コメットさんだけだったので、当然彼女の顔が明らかになったのは今日が初めて。
きのこ和尚への挨拶を終え、寺の台所においてあるテーブルに、きのこが入った風呂敷包みを広げていると彼女が現れた。
「茸子さんこんにちは」
紅天でよく見かける女性だった。
「あなたが夕子さんだっんですか。今日はありがとうございます。おいしいきのこ汁作りましょうね!」
紅天仲間と昼間顔を合わすのは初めてで、最初違和感があったものの。お互いすぐに馴染むことができた。

ビタミンを壊すぬように、水洗いはせず濡れ布巾を使ってきのこを拭く作業に30分はかかっただろうか。きのこ和尚からいただいたこまし茸は茎が太いしめじに似ていた。しかし笠はほんのり朱を帯び、それが恋をした少女のほっぺみたいだった。そんなことを考えていると舞茸さんが料理の助っ人に来てくれた。なんと彼女調理師免許まで持っているそうな。意外外や意外!
大きいきのこは適当な大きさに切って、小さいものはそのまま沸騰しただし汁に入れていった。合わせ味噌で味を調えしばらく煮込む。
他の料理に取り掛かろうとしている時に第二軍、屋台係りの面々がやってきた。

「おっいい匂い!あ、茸子さん!こんちは!」
ん?この威勢のよさは・・・
「もしやひょうたんから駒さん?」
「あったりー!」
「ほっほっほっ。さすが茸子さん。では私は誰かおわかりかな?」
「その喋り方湖南さんですね?」
「お見事」
「それじゃあなたは不知火の仁五郎さん!」
「そうです。こんにちは」
そう言って湖南さんの左隣にいる男性が照れ笑いを浮かべた時、台所の入り口の方で甲高い声が聞こえた。
「わー大きい鍋!」
皆いっせいにそっちへ振り向いた。
「こんなのどこで見つけてきたんですか茸子さん」
「絵はがき坂さん?」
「はい。そうですこんにちは」
これで屋台陣は全員そろった。皆紅天でよく見かける顔だ。

屋台陣は庭に屋台を組立、それぞれ料理作りにとりかかった。
仁五郎さんのきのこ焼きそばはきのこ:そば=6:4くらいでそれはそれで美味しそうだった。
「茸子さん、この焼きそばソースはそんじょそこらのものとは違うんです。数十種類の野菜と肉をブレンドしてるんで、非常にこくがあります。この任を命じられた時からソースは自家製にしようと決めていました」
「手作りソース!わー!通りで匂いから違うと思った!きのこたっぷりなのもいいですね」
「きのこ焼きそばってーより焼きそばきのこだな」
ひょうたんから駒さんが横槍をいれてきた。
「茸子さん、おいらのきのこ酒も見てくれよ」
そう言って大きなひょうたんから紙コップに酒を注ぎ始めた。
「さるのこしかけ、めしまこぶ、椎茸、霊芝にアガリクス。そいつらがさこの酒に溶け込んでるってぇわけだ」
差し出された紙コップを受け取った。
「うまいよ。試しに飲んでみてくれよ」
「あら、空きっ腹で大丈夫かしら」
「そんときゃ介抱してやるさ」
「それは頼もしい」
くいっと一口飲んでみた。その美味しさに感動してしばらく声が出せなかった。
「おいしい!えー何これ初めて飲む味!味わいとしてはひれ酒に近いですね。きのこ独特のだしがきいてる。きのことお酒がこんなに合うなんて知りませんでした」
「だろだろ。いっぱい作ってきたからみんなにたんと飲ませてやるんだ」
「みんなお酒好きだからこのひょうたん10本は必要ね」

きのこ酒のとなりから香ばしい匂いがただよってきた。湖南さんのきのこの串焼きだ。
「茸子さん、きのこの串焼きは塩が命ですぞ。この塩手に取ってごらんなさい」
ヴィクトリア調のソルトケースを渡された。そこに詰まっているのは真っ白な塩。よく見ると普通の塩より粒が大きい。
「ミネラルたっぷり500万年前の塩です。素材の味を生かすも殺すも塩次第。これは絶品ですぞ」
「この塩、ちょっと舐めてみていいですか?」
「どうぞどうぞご自由に」
手の平に塩粒を出し右手の人差し指につけてなめてみた。
「あ、本当に普通の塩と違います!ただしょっぱいだけじゃなくて、かすかに旨みを感じます。早く食べたいわ。この塩で味付けしたきのこの串焼き」

その隣では絵はがき坂さんが小麦粉や卵をボールにあけてクレープの生地作りをしていた。
「茸子さん、生クリーム泡立てるの面倒だったから出来合いのクリーム買ってきてしまいました。すみません」
てへっと出した舌がかわいかった。
「生クリームは泡立ててるだけで祭が終わってしまいます。出来合いのもので正解」
「でもカスタードクリームはちゃんと作ってきましたよ。カスタードクリームに目がないもので」
「私もカスタードクリーム大好き!絵はがき坂さんの手作りカスタード楽しみだわ」
「カスタードクリームなら小さい時から作ってるから自信あるんですよ。それと今回はエリンギを細かく切ってクリームにしこませてあるんです。エリンギはくせがないからお菓子にも使えるんじゃないかと思って」
「エリンギクレープ?それまた斬新なアイディアですね」
「たっぷり食べてくださいね茸子さん」

13時15分も前になると紅天仲間は続々ときのこ寺に集まってきた。夕子さんと舞茸さんに料理を外に運んでもらってる間、私は煮込んでいた茸汁の様子を見に行った。
良い感じに煮込まれている。
「よし、こんなもんでいいか」火を止めた。
「あとはこれこれ」ポケットから先ほどきのこ和尚からいただいた五角形に折られた包み紙を取り出した。なんでもきのこ寺に代々伝わる秘伝のきのこ調味料だそうな。きのこ汁の仕上げに入れるとよいと言われた。
包みを開けるとパブロンのような色の粉が入っていた。それをさらさらときのこ汁に混ぜてまんべんなくかき混ぜた。どんな具合か小皿にとって味見してみると、じっくり煮込んだ甲斐あってか、和尚の調味料のおかげかとてもおいしく仕上がっていた。
外がだいぶにぎやかになってきている。きのこ汁の出番は最後の方なので鍋はそのままにして私も寺の外に出た。
みんな見たことある人ばかり。蛇子とハンチがちょうど石段を上ってくるところだった。猪吉さんと雪子さんは5分咲きの梅の木の下できのこ和尚と話をしていた。私は2人に挨拶をしようと思いそちらへ足を向けた。すると前から舞茸さんがやってきたのが見えたので私は軽く微笑んで声をかけようとした。しかし声が出なかった。おかしいなと思って手をのどにあてようとしたが手が喉に触れることができない。ただ空を切るだけなのだ。
そうこうしているうちに舞茸さんが私の横をすっと通り過ぎて行った。声くらいかけてくれてもいいのに・・・。通り過ぎた彼女の後姿に「ちょっと待って」と言いたかったがやはり声が出ない。そして更なる驚愕が私を襲った。「待って」と彼女の方に差し出した自分の腕が視界に入らないのだ。これはどういうことかと私は自分の体をに目をやった。何も見えない!姿が見えないのだ。
手を自分の顔に当ててみた。やはり触れることができない。私はあわててトイレに駆け込んだ。鏡に何も映らない。そして何にも触れることができない。まるで気体になったようだ。しかし顔や足や手の感覚はある。
試してみると机も、壁も人すらも通過してまう。幽霊にでもなったみたいだ。これはいったいどういうことだろう。 つづく

<茸祭の料理 〜岸夕子さん、舞茸さんありがとうございました〜>
きのこ鍋
kinokonabe.jpg
きのこと牛サイコロステーキ
サイコロステーキ.jpg
きのこと若鶏の赤ワイン煮
若鶏.jpg
エリンギとサーモンのホイル焼き
マッシュルームとポテトのグラタン
きのこや風オーブンオムレツ
オムレツ.bmp
エリンギとマイタケのフリッター
フリッター.gif
サ−モンときのこのカルパッチョ
サーモンカルパッチョ.jpg
豆腐ときのこの和風サラダ(旬)
サラダ.jpg
きのこのマリネ
マリネ.jpg
きのこのあんかけ豆腐
きのこあんかけ.jpg
キヌガサダケの海鮮蒸し
椎茸の包揚げ
きのこ三種の串揚げ
きのこのチーズ焼
椎茸の蒸し餃子
蒸k鵜子.jpg
豆腐ハンバーグきのこソース
きのこコロッケ
きのこコロッケ.jpg
きのこのガーリックチャーハン
にんにgu飯.gif

posted by pikkumyy at 21:02| Comment(20) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お詫び

皆さん・・・茸祭大変盛り上がっていましたね。私は今きのこ寺から戻ってきました。
舞茸さん、岸夕子さん、私確かに料理作りの時はいましたよね。そこらへんは舞茸さんの発言からも皆様わかっていただけるかと思います。
しかし祭開始直前なぜか私の姿が消えてしまい声を発することもできませんでした。透明人間をもっとひどくしたような感じです。
皆が楽しんでいるのに私だけそこに混じれずなんとも歯がゆい切ない気持ちでいっぱいでした。
せっかくのお祭天気だったのに・・・。週間予報では今日雨か曇りだったんですよね。それが皆の祈りが通じたのか今月一番の気持ち良い陽気で。朝ルンルン気分できのこどっさり携えてきのこ寺まで行ったのに。そして料理作ったのに・・・。本番で姿が消えてしまったなんて。「私はここよここよ」って口をぱくぱくさせても誰も気付いてくれなくてほんと悲しかったです。
それでもお祭の一部始終はちゃんと見てました。司会進行、本当は私の務めだったのに申し訳ないです。本当に本当にご迷惑おかけしました。
posted by pikkumyy at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。