2006年03月04日

タンバヤン

昨日は楽しい雛祭。紅天は案の定甘酒の香りに包まれていた。
カウンター脇には桃の花とこぢんまりしたかわいらしいお雛様とお内裏様が飾られていた。
桃の節句にちなんでいるのか、その時かかっていた曲は竹内まりやの「不思議なピーチパイ」。
猪吉さん「はい、雛祭スペシャルカクテル、三人官女の桃の香吐息」
目の前におかれたのはミルキーイエローのお酒だった。ホウィアトキュラソーに甘酒を少量混ぜ、そこに白鳳、白桃、黄金桃という3種の桃のジュースを混ぜたカクテルだそうな。甘酒入カクテルなど聞いたこと無かったのでおそるおそる口へ運んだ。これがまた意外においしい!リキュールが使われていないので甘ったるさもなく、その濃厚な色合いに反してさわやかなカクテルに仕上がっている。それだけならどこにでもある普通のカクテルになってしまうところ、甘酒をブレンドすることで雛祭っぽい味わいをつくりあげている。
私「猪吉さん、これおいしい!」
猪吉さん「ありがとうございます。先月からブレンド率などを研究してた甲斐があります。
今日はこれ以外にも雛祭スペシャルメニューがありますんで楽しみにして下さい」

BGMは筋肉少女隊の「さらば桃子」。こんな曲までかかるとはさすが桃の節句。
「気をつけろ桃子が落ちてくるぞ!すごい速さで少女が落ちてくるぞ!お前らの頭の上に落ちてくるぞ!家でじっとしているんだ!気付かぬふりをしていろ!」

猪吉さんの言ったとおり今日の締めくくりは雛祭スペシャルデザートだった。真っ白なお皿に淡い桃色、白、緑が美しい菱餅風羊羹と桃大福。羊羹の桃色の部分は苺味。よく見ると苺のつぶつぶが見える。白は牛乳、緑は抹茶。これが3段重ねの菱形になっていて、お箸でてっぺんからさっくり切り、桃白緑を一遍に口にいれる。苺抹茶ミルクの組み合わせならそこらの甘味処にありそうだが、羊羹の舌触りが3味と重なることによって恍惚感を伴う美味しさが脳へ伝えられる。
次に桃大福。これは苺大福の桃版。丸くくりぬいた大ぶりの白糖とあんこが桃色のお餅にくるまれている。大福のかわも全て手作りだそうな。甘さ控えめの大人の和菓子、美味しくいただきました。

さらに曲はすすみ「恋は桃色」へ・・・。「お前の中で雨が降れば僕は傘を閉じて濡れていけるかな 雨の香りこの黴のくさみ 空は蛇色恋は桃色」ん?蛇色!?なんか違うような・・・。

雪子さん「さっきここにいらしたお客さんからうかがったんですが、今度茸祭があるそうで」
雪子さんのこの一言から茸祭の話題でもちきりになった。
客A「あれ、雪子さんもうご存知でしたか。今紅天仲間の間では茸祭の話題が熱いのですよ」
客B「誰からきいたの?」
雪子さん「(ちょっと考えてから)陽気でからりとした下町男性っぽいかたから」
むむ、もしや・・・。
雪子さん「それで、いつなんですか茸祭って?」
客A「そういえばいつなんだろうな。聞いてないな日程は」
客B「話だけが勝手に進んでる感じよね」
確かに・・・。
突然すみっこにすわっていた蛇子が口を開いた。
蛇子「ジューイチ」
雪子さん「じゅういち?」
猪吉さん「11日ですか。来週土曜ですね」
3月11日か。土曜日だし。屋台出すにはいいかも。
きのこ和尚もいつでもいいと言ってくださったことだし、計画を練るにもちょうどいいかな。
11日で決定!
BGMは「桃色吐息」。

<今日の食事>
上野 タンバヤンより
●スパニッシュサラダ
●豚肉レバーと野菜の炒め物
IMGP1116.JPG
●エビのピリ辛甘酢あんかけ
IMGP1117.JPG
●フィリピン風春巻き
●フライド・ティラピア
●パッシド・ビーフン
IMGP1118.JPG
●ひな祭デザート
●ひな祭カクテル
●レモンサワー
●テキーラ・ショット
<今日の本>
「錦繍」宮本輝
posted by pikkumyy at 08:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。