2006年01月28日

ART SPACE

久々の紅天は相変わらずの大盛況。
10分ほど待っているといつもの席が空いた。隣は蛇子さん。
猪吉さんが出してくれたティオペペを啜りながら読みかけの「ラビット病」を注文した。

この本は、破天荒だけど天涯孤独な少女、ゆりと彼女にべた惚れのアメリカ人の恋人、ロバート(通称ロバちゃん)との物語である。
物語の中に「耳」と呼ばれる食べ物がしばしば登場する。
これは2人の間の隠語なのだが、この「耳」の描写が実にうまく(単にお腹が減っていてそう感じただけかもしれないが)、ゆりが「耳」をじゅうじゅう焼くシーンを読んでいて自分もそれが食べたくなってきた。

私は葛藤していた。
「耳」が食べたいがために紅天を出て近くの中華飯店に入るか、それとも久しぶりの紅天で雪子さんの料理をいただくか。
その時すでに八割がた「耳」に心が占められていたのだが、紅天ファンの自分が「耳」ごときのために他の店へ赴くことが許せなかった。
紅天でのひと時を大切にしたいと思いつつも「耳」に支配されゆく自分。
蛇子の耳にまでかぶりつきたくなってきた。

あー耳、耳、耳、今夜は耳を胃にいれない限りは眠れん!と思い席を立とうとしたその時、雪子さんが私の前に料理を出した。
しまったー料理を出されてはもう途中退席は許されん!
優柔不断な自分がつくづく嫌になった。

ところが出された皿を見て驚愕。
皿の上には「耳」が3つのっかっていた。
しかも「ラビット病」に出てくる「耳」のように焦げ目がたっぷりで。
驚きと感動でしばらく目の前の皿を呆然と眺めていた。
雪子さんの「熱いうちに召し上がれ」という言葉でようやく我に返り「耳」に手を伸ばした。

それは私が求めていた「耳」の味そのものだった。
紅天で「耳」が食べれたことが嬉しくて嬉しくて涙まで出そうになった。
よほどにやけていたのだろうか、ふと視線を感じ横を見ると蛇子が私をじっと見ていた。
そして小さな声でこうつぶやいていた「ロバノミミ ロバノミミ ロバノミミ・・・」

つづく


天狗男様

ちょうどここらへんで紅茸天狗の不思議をまとめた方がいいと思ってたところです。

紅天不思議録
1、立ち入れば嫌な気分が消えてなくなる不思議
2、人間ではない蛇子さんの不思議
3、架空の本が存在する不思議
4、本の世界に迷い込む不思議
5、これらの不思議に動じない雪子さんと猪吉さんの不思議

さしあたりこんなとこでしょうか。

<今日の食事>
池袋 ART SPACEより
●薬膳の前菜
IMGP1065.JPG
●フルーツと海老のマヨネーズ和え
IMGP1066.JPG
●牛肉のスペアリブ 胡椒炒め
IMGP1067.JPG
●きのこと竹の子入り豚肉炒め
IMGP1068.JPG
●薬膳鶏肉入り魚翅湯
IMGP1069.JPG
●蝦仁炒飯
●赤ワインデキャンタ(カヴェルネソービニョン)
●シェリー(ティオペペ)
●楊貴妃
オリジナル
●耳
<今日の本>
「ラビット病」山田詠美
posted by pikkumyy at 08:19| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。