2006年01月23日

カプリチョーザ7

紅茸子様

雪すごいですね。
今日は長靴で紅茸天狗までやってきました。
いつもならこの時間スツールは客で埋まっているのに今日はさすがに私と蛇子さんだけです。彼女いつも通り特別メニューをがつがつ食べてますよ。
飲み物はいつもモッキンバードのようです。
あの色爬虫類めいててぴったりですね。

さて、紅天の「謎を解く鍵」ですが、私のような普通の客が知る由もありません。
それにあなたが紅天の何を謎だと思っているのかもわかりません。
よろしければ詳しく教えてください。

私もこの紅天には何か大きな秘密があるのだと思います。
その秘密に触れてみたくもありますが、そうした途端紅天は泡のように消えてしまう、そんな予感も抱いています。
ここは何かとても儚いものでできている。そんな気がしませんか?
不思議は不思議のまま、秘密は秘密のまま、そうすることが暗黙のルールであるようなこの空気。茸子さんも感じるでしょ?

天狗男

<今日の食事>
新宿カプリチョーザ
●ピザカプリチョーザ
●ライスコロッケ
●赤ワイングラス×5
<今日の本>
一九七七 卒業 鳴海章


posted by pikkumyy at 21:00| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。