2006年01月12日

アニスの実の酒

昨晩はゆっくり湯船につかりたかったのでまっすぐ帰るはずだった。
しかしどうしても天狗男さんからの返事を確認したくて紅茸天狗へ赴いてしまった。

紅茸天狗に到着するとバーテンのいつもの「いらっしゃいませ」という明るい声。
女店主はあいかわらずぼそりとつぶやくだけ。
あの一件があってからもこの2人の態度は変わらない。

店は空いていたので私はいつものように一番奥の本棚に近い席に腰をおろした。
「異邦人」は読み終わっていたので、何か新しいものを見つけるためメニューリストを開いた。
斜め読みでざっと目を通してるだけだったが、私はそこで驚くべき本を発見した。
「アニスの実の下で」月鎮季里子(つきしじきりこ)
月丘花林の「ろうあ者の遺言」の右隣にそこにあるのが当然かのごとく並列されている。
「アニスの実の下で」は「異邦人」に出てきた小説だ。
そして作者月鎮季里子はその登場人物。

私はためらわず「アニスの実の下で」を注文した。
バーテンはいつもと変わらぬ様子で本を渡してくれた。
表紙も「異邦人」に描写されてた通り若い女性がもう一人の女性の髪に口づけをしている絵だし、内容も全く同じだった。

小説を半分以上読んだとこで時計を確認すると残り時間わずか30分だった。
あまりに夢中に読んでいたため出された食事にほとんど手をつけていなかった。
本を閉じ慌てて食事をかきこんだ。
そしてゲストノートをめくった。

「紅茸子様

そんな悲観的になることないですよ。
確かに電球は暗闇を深くしたかもしれませんが、電球が発明されたことによってそれまで見えなかったものが見えるようになったのも事実です。
それに「闇が深くなった」のではなく、「闇は深い」という事実に気付いただけです。
そして自分がそれまで平気でそんな深い闇にいたことが信じられなくなりもう過去の自分には戻れない、戻りたくないと思い始めるのです。

成長とはある意味それまでの自分を捨てることです。
もう戻れない自分自身を羨んでも仕方ないのです。
あなたは望んで傷つき、悩み、苦しむという道を選択したのです。
それによって得た喜びもあるでしょ?
そしてそういった喜びは闇を知った分だけ大きいはず。
茸子さんははそれを求めて走り始めたのではないですか?

天狗男

追伸:あなたの今夜の運勢→玄関マットにご注意」






天狗男からの手紙
posted by pikkumyy at 20:17| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。