2006年01月10日

18番

天狗男様

本のメニューを手にとって、どれにしようか考えていたのですがぴんとくるものがありませんでした。
気付けば今日は始終そんな感じ。
いつもならいいなと思うであろう言葉や文章にもいまいちときめかないのです。
脳の言語野が今日はお休みしてるようです。
なので今日は視覚に頼って本棚から直接選びました。
そして選んだのが西澤保彦の「異邦人」。
肌色に近い桃色の表紙を思わず手に取りたくなりました。
いつもなら寒色を好むのに今日は暖かい色に惹かれました。
手に取って装丁を見てみると淡黄色の2着のセーター。
これこそ寒波厳しい今日読むべき本だ!と思い今日の本として即決しました。

その中の一節
「電球を発明したことでより暗闇が深くなってしまった」
まさにその通り。
自分のためと思い成長、進歩、楽しみを思い求めるのに、それによってもたらされる悩み。
それに向かって走り出さなければ知らずにすんだ闇。
何も望まず、何も知らず、何も創らなければ、あるいは苦悩などないのかもしれません。
それなのになぜ私は走るのをやめられないのでしょうか・・・。

また愚痴ってしまいましたね。すみません。
お酒飲むと愚痴りたくなるんです。
どうぞ聞き流してください。

紅茸子

追伸:あのふたりについて何かご存知ですか?

<今日の食事>
恵比寿 18番より
●陶板焼きマッシュルーム
IMGP1048.JPG
●生ハム盛り合わせ(イベリコ、サンダニエール)
IMGP1047.JPG
●パルメジャーノ・ライスコロッケ
IMGP1049.JPG
●シェリー(オロロソ ムサ)
恵比寿 buriより
●鳥塩レバー
●黒糖モヒート
恵比寿 Tapachosより
●エビのピンチョス
IMGP1051.JPG
●赤ワイングラス×2(フィンカ・テンプラニージョ2004)
<今日の本>
「異邦人」西澤保彦
posted by pikkumyy at 22:24| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。