2006年01月03日

京町屋

昨晩、新しいコートを着て今年初の紅茸天狗へ向かった。
開店1分前に到着。
一番のりだった。
ドアノブの札を「閉店」から「開店」に変えに来たバーテンに新年の挨拶。
「明けましておめでとうございます(深々とおじぎ)」
「おめでとうございます。いらっしゃいませ(中へ招き入れる)」

店内は相変わらずの雰囲気。
正月だからといってそのような装飾もなく、女店主もいつものごとくカウンター内で料理を仕込んでる。

私が本を頼んでからちょっとすると、外から階段を下りてくる足音が聞えた。
いつも無反応で無表情な女店主が、その足音が近づいてくる入り口に目を向けていた。
そして急に店の奥へ消えてしまった。
立ち去る前の一瞬、バーテンへ目で何か合図を送ったようだった。

足音が止むと同時に入り口のドアが開いた。
入ってきたのは背が高く、やせ気味の男性だった。
ケーブルニットの黒いハンチングとサングラスが怪しい雰囲気。

男は入り口に一番近い席についた。
バーテンは注文した本を私に渡すと男の方へ向かった。
なんとなく気になったので、読書するふりをして横目で彼らのやりとりを見ていた。
どうやら注文をとっている様子はない。
2,3分ごにょごにょ話しただけで男は出て行ってしまった。
それと同時に新しい客が入ってきた。
結局彼らの話を聞き取ることができなかった。
新しい客が席につくと女店主はカウンターに戻ってきてまた仕込みにとりかかった。

なんか怪しい・・・

「天狗男様

明けましておめでとうございます。
今年もこの紙上であなたとたくさんの言葉を交わせたらと思います。
お正月はいかがお過ごしですか?
本読んでますか?
お酒飲んでますか?

私が今日注文した本は川上弘美の『いとしい』です。
川上弘美ワールド健在です。
普通の世界の日常のお話と思いきや、いつの間にやらファンタジー界へ突入。
こんな一文がありました。

「君は山の上の火で暖まることのできたあの少年みたいだね」

あの少年とは「寒夜に着物を碌につけず火による暖もとらず風の吹きすさぶ山頂で明か」した少年です。
ただ、彼は一つ向こうの山の頂上に火を焚いてもらったそうです。
その火を見つめて暖かさを想像するために。

天狗男様に質問。
あなたはそれほど楽しい心境でない時に楽しいことをリアルに想像し、それによって本当に楽しくなれますか?
それとも逆に虚しくて耐えがたくなりますか?

<今日のメニュー>
池袋 京町屋より
●ぷりぷり海老の湯葉春巻き
IMGP1034.JPG
●ぷりぷり海老のマヨネーズ炒め
IMGP1033.JPG
●できたて濃厚有機豆腐
●フルーツたっぷりサラダ
IMGP1036.JPG
●シークワーサーサワー
●もろみ酢サワー
●鶯宿梅(ロック)
●グラスワイン(チリ・カベルネソービニョン)
<今日の本>
「いとしい」川上弘美





posted by pikkumyy at 09:49| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。