2005年12月31日

オリジナル

天狗男様

素晴らしい格言の数々ありがとうございました。
私達の概念にある「幸福」というものは、もしかしたら氷山の一角かもしれませんね。
あなたの言うように幸福は、孤独、悲しみ、苦しみ、そういったネガティブなものも包括するのかもしれません。
そういう体験なくして成立しないものかもしれません。

「片想い」読み終わりましたか?
私は数年前に読みました。
「メビウスの帯」のくだり覚えてますか?
天狗男さんの格言を読んで急に思い出しました。
「幸福」と「不幸」、「喜び」と「悲しみ」そういった対の関係にあるものほとんどが、あのメビウスの帯に当てはまるような気がします。
それらはどちらか一方では存在しえないと思うのです。
喜びは悲しみの始まりであり、悲しみは喜びの始まりでもある。
私達はただ、その流れに心を預けてればいいだけなのかもしれません。
ポジティブな感情も、ネガティブな感情も、全てそのまま受け入れればいい。
悲しい時に焦って幸せを探さなくていい。
そんなことしなくてもいつかは幸せな場所に流れ着くのだから。

皆様良いお年を

<今日のメニュー>
今日は店の正月休み突入前日ということで紅茸天狗オリジナル料理でした(嬉)
●ポキ(ワカメ、メカブ、マグロ、玉ねぎをしょう油とごま油で味付けしたハワイ風サラダ)
●パイ生地の塩こしょう焼き
IMGP1037.JPG
●豆とズッキーニのメキシカンカレー
●フランスパン(トリュフオリーブオイルディップ付き)
IMGP1038.JPG
●林檎パイ
丑餅拱濂
●ゴーティエ・ラランド(ボルドー赤 デキャンタ)
●ベイリーズミルク
●コーヒー
<今日の本>
「彼等」 長野まゆみ


posted by pikkumyy at 15:11| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なまこ屋

久々に紅茸天狗へ行った。
天狗男からの返事は12/28に書き込まれていた。

「茸子様

今日は今年最後の紅茸天狗です。
会社での納会の帰りに立ち寄りました。
世間は大晦日、正月に向けて浮き足立っていますが、この店は相変わらずです。
女店主もバーテンもいつものように黙々と料理と酒をこしらえています。
門松は勿論飾っていません。

孤独については色々な格言が残されています。
ここは読書バーなので、本で拾った格言いくつか記しときます。
「私が孤独であるとき、私は最も孤独ではない」キケロ
「孤独が恐ろしいのは孤独そのもののためでなく、むしろ孤独の条件によってである」三木清
「孤独は山になく、街にある。一人の人間にあるのではなく、大勢の人間の間にある」三木清
「私達の一切の悩みは、私達が孤独で存在し得ないということから生まれてくる」ブリュイエール
「人はだれしも、自分自身の生涯を一人で生き、自分自身の死を一人で死ぬものです」ヤコブセン
「ひとりぼっちで寂しいと思う分だけ、幸福も体験したはず。孤独とは幸福の延長線である」天狗男

では良いお年を。

<今日のメニュー>
神田 なまこ屋より
●ヒラメの刺身
●あんきも
●あんこう鍋
●雑炊
●柚子シャーベット
●瓶酒
●熱燗
<今日の本>
「片想い」東野圭吾







posted by pikkumyy at 14:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。