2005年12月21日

ルッコラ

「代々木 Rucola」

ゲストノートにて

天狗男様

あなたの言う通り紅茸天狗は素敵で不思議なバーです。

忘年会や人と会う機会が多いこの時期なのに、最近たまらなく孤独を感じることがあります。
大勢の中での孤独とはなんと恐ろしいものでしょう。
皆が笑う、私も仕方なく笑う、その光景を眺めている自分。
まるで自分の身体と心の間にも溝が横たわっていて、二つで一つなのに溶け合えない疼き。
そんなものを感じることがあるのです。
でもこのバーに来ると悩みや不安は全て消えてしまいます。
なぜでしょうか・・・
店員も客も皆ばらばらのことをやっているのに。
不思議ですね。

「変身」一昨日読み終わりましたよ。
主人公の人格変貌の様子をなぜあんな自然な流れに乗せられるのでしょう。
あの一人称の変化も全然不自然ではなかった。
その作家としての腕に感嘆してしまいました。
「命を守るためなら何をしても許されるのか」という倫理的な問いは今は考えられないかな。
上述したようにこの店を出ると情緒不安定気味なので・・・
ではまた。

<今日のメニュー>
代々木 Rucolaより \4000
●    エスカルゴとキノコのクリーム煮込み
●    ルッコラとバジルのスパゲティ
     IMGP1030.JPG
● マグロの頬肉のソテー
      IMGP1031.JPG
● ハウスワイン×2
<今日の本>
「木曜組曲」 恩田陸
posted by pikkumyy at 21:21| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。