2005年12月15日

読書Bar紅茸天狗

読書Bar紅茸天狗を見つけたのは一週間ほど前。
夕飯を食べそびれお腹が空いてる会社帰りに路地裏で見つけた。
本をかたどったレトロな看板に書かれた店名の下に『本 食事 飲み物』とあった。
本はどうでもよかったのだが、バーの割に食事に重きをおいていそうなので引き寄せられてしまった。

8帖くらいの広さでカウンターだけのこぢんまりした店には男女の店員が1名ずついた。
男性はバーテンだが、女性は何をしているのかよくわからない。
料理担当なのだろうが料理をしてるようにもみえない。
時たま皿洗いをしていた。
8脚並んだスツールの1mくらい後ろに壁と壁にぴったり収まったこげ茶色の木製本棚が置かれていた。
そこには本がびっしり納まっている。

紅茸天狗はとても変わったバーだった。
お品書きには著者順に本の題名がずらりと並び、食事と飲み物は全てお任せなのだ。
優柔不断な私にとっては実にありがたいシステムだ。

また、この店は様々な料理屋と提携しており、出されるものは全てそれらの店料理で、紅茸天狗のオリジナルは一切ないらしい。
一つの店で日ごとに違う店の料理を味わえるのは嬉しいのだが、あれらの料理をあの女性が作ってるのか、はたまた各店から輸送してるのか疑問である。
まるでおつまみのセレクトバーのようだ。

ここのもう一つの特色は看板にも書かれているように本だ。
そもそもこの店のコンセプトは、読書好きが本を読みながらゆっくり酒を飲めるといものだ。
照明や椅子の配置、すわり心地も読書をする人のために気を配られている。
実を言うと私は読書にあまり興味がなかった。
だから初めて紅茸天狗を訪れた時はしぶしぶという感じで本を読み始めた。
しかし実際読書しながら酒を飲み、美味しい料理を食べてみると、それらが三位一体となって私の心満たしていくのを感じた。
どれが欠けてもあの恍惚感には及ばない。
私は紅茸天狗にすっかり魅了されてしまった。
一週間前から毎日店を訪れている。
しかし紅茸天狗は満席のことが多く、店内に入れたのは一週間のうち3回だけだ。

紅茸天狗でのひと時は現実離れしていて本当に夢のようだ。
そのせいか一晩眠るとバーでの記憶があやふやになることがしばしばある。
(決して飲みすぎでそうなってるわけではない)
紅茸天狗での恍惚のひと時を一秒たりとも忘れたくない。
なので今日から紅茸天狗レポートを作成しようと思う。
今日は満席で入れなかったから明日も挑戦する。
posted by pikkumyy at 22:10| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。